緩和型団体信用生命保険(ワイド団信) - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

緩和型団体信用生命保険(ワイド団信)

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

2017年4月より消費税が10%に上昇する予定です。その前に住宅を購入しようと考えている方は多いのではないでしょうか。ただ、住宅ローンを借りるためには、団体信用生命保険の加入が必要になってきます(フラット35除く)。健康状の理由で団体信用生命保険に加入できないとローンを組むことが出来なくなってしまいます。そこで、最近は従来よりも引き受け範囲を拡大した「ワイド団信」を扱う金融機関が出てきました。多くの金融機関は下記の条件になります。

ワイド団信の一番のデメリットは金利が0.3%上乗せになるということです。借入れが多いとその分支払利息が多くなります。通常の住宅ローン金利に0.3%が上乗せになっても購入すべきなのかも検討しましょう。


<条件>

契約形態:契約者》金融機関 / 被保険者》債務者 / 保険金受取人》金融機関

借入れ年齢:20歳以上50歳未満

完済時の年齢:80歳未満

融資期間:35年

融資利率:通常の住宅ローン金利+0.3%

融資金額:1億円以内(5000万円超の場合には保険会社所定の診断書が必要)

※金融機関により若干条件が違います。



《例えば》

借入額3000万円で返済期間35年


通常金利2%とした場合  総支払利息 11,739,108円


0.3上乗せした場合    総支払利息 13,705,069円


ワイド団信の加入の場合の支払利息  1,965,961円


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

増加傾向の疾病保障付の住宅ローン、注意点は? 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/18 10:25)

共働き夫婦の選択肢「連生団体信用生命保険付き住宅ローン(クロスサポート)」 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/07/28 07:00)

団信に加入できないと住宅ローンは組めないのか? 柴垣 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/06 23:00)

【プロが診断】今から買う家の住宅ローンは適切か?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/01/09 21:00)

住宅ローンを組むときに保険も一緒に考える 京増 恵太郎 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/22 13:36)