保険の解約や受取が一つのポイント - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の解約や受取が一つのポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は噴水の日です。
最近は節水や節電をうたって、使われていない噴水も多いですね。

保険についてお話をしています。
運用の例として、会社が積立型の保険を活用した事例を取り上げています。

とりあえず支払う保険料の内、いくらかは経費として処理ができれば、その分だけ税金がいくらか安くなります。
そして問題となるのは、保険金を受け取る段階です。

例えば昨日の積立型保険であれば、いずれかの時点で解約をし、積立処理をしていた保険金が戻ってくることになります。
細かな考え方は省きますが、このときにいくらかの売上が計上されることが多いのです。
売上が計上されるということは、利益が増えるわけですから、その分税金が増えることを意味します。

例えばこの例でいえば、保険による節税…というよりも保険によって税金を先送りにしている、というイメージのほうが近いかもしれません。

ただし、例えば保険を解約してお金を受け取る時、社長さんがそのタイミングで退職をして退職金をもらって…というように大きな経費を作るような調整を行うことも多いです。

ここでは会社で保険を使う例を考えましたが、他の活用でも

・保険料を支払うときの税務処理
・保険金なりを受け取るときの税務処理

この両面から検討が必要になるのは、大体同じです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

保険で税金を安くする方法 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/20 07:00)

運用で必要なものその2:余裕資金 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/23 07:00)

運用で必要なものその1:ある程度の時間 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/22 07:00)

手元資金に余裕がないと運用は難しい 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/05 07:00)

知っておきたい アメリカ確定申告のTIP 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2016/02/29 07:41)