保険で税金を安くする方法 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険で税金を安くする方法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は蚊の日です。
最近、我が家の周りでは蚊が減ったように思います。

保険についてお話をしています。
運用を期待するとき、その多くは税金との関わりが出てきます。

例えば会社で法人税を払うケースを考えてみましょう。
現在、売上が1億円、費用が9,000万円で利益が1,000万円あるとします。
とりあえず税率を30%と仮定すると、税金は300万円支払うことになります。

ここで積立型の保険に加入することにしました。
支払う保険料の内、半分を経費として経理し、残りは積立金として処理します。
一年間で300万円の保険料を支払うと、経費になるのは150万円。
実際に安くなる税金は150万円の30%ですので、45万円です。

300万円支払う予定だった税金が255万円で済む、というのは割とお得な感じがするのではないでしょうか?

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

判断をしないことの重要性(2016/11/28 07:11)

このコラムに類似したコラム

保険の解約や受取が一つのポイント 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/21 07:00)

運用で必要なものその2:余裕資金 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/23 07:00)

手元資金に余裕がないと運用は難しい 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/05 07:00)

保障のためだけなら保険はかなり安く出来る 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/02 07:00)

保険のご利用は計画的に! 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/24 07:00)