超常現象を信じる米国人、73% - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

超常現象を信じる米国人、73%

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

映画「未知との遭遇」が公開されたのは既に昔。
昨今の映画における“宇宙人”の立ち位置は脅威ではなく“人間”の仲間で、場合によっては人間が新しい資源を求めて侵略する対象であったりします。
存在が不明なものに対し意識の変化が表れているというのも妙な話かもしれませんが、少なくとも映画などを通し、特に米国人は不思議なものに“馴染み”があるようです。
少し古い資料ですが、2005年にギャラップ社が行った超常現象に関する統計調査では、以下のような結果となりました。

■米国人が信じる、科学的に説明できない現象・存在
01. 41% 超常現象(ESP)
02. 37% お化け屋敷
03. 32% ゴースト、死者の霊
04. 31% テレパシー
05. 26% 透視
06. 25% 占星術
07. 21% 霊会との通信
08. 21% 魔女
09. 20% 転生
10.  9% 霊的存在や宇宙人等とのコミュニケーション

1位の超常現象は幅広い概念ですが、2位にやや具体的なお化け屋敷(That houses can be haunted)がランクイン。
また10項目のうち1項目でも信じる米国人は73%に達し、およそ4人に3人が科学的に説明できない現象・存在を信じているようです。

“幽霊”の出る日本はどうか。
統計数理研究所の「日本人の国民性調査(2013)」によると、「あの世を信じている」と回答したのは41%(単純平均)。
また、年代別では70歳以上31%、20代45%で、一般的なイメージと異なり若者の方が異世界を信じている結果となりました。

ヒトは大きな不安を持って生きることは出来ず、ヒトを最も不安に陥れるのは何も分からないものです。
このためヒトはそれに名をつけ、馴染みやすい話を受け入れ、仮想理解をもって安心を得る傾向にあります。
宗教の影響が大きいため一概に比較できませんが、日本人が仮想理解を相対的に必要としないのは、日本人らしい真面目さで今をきちんと生きて、不確実な未来を少しずつ具体化しているからかもしれません。

 

☆貯蓄率139.7%の学資プラン -3歳以下のお子様限定!-

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

OPPO、躍進(2016/11/04 09:11)

このコラムに類似したコラム

ドッカンターボとオーバーシュート 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/18 09:00)

4,505%のインフレ予測、ベネズエラ 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/11 09:00)

OPPO、躍進 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/04 09:00)

秋の空と関節痛 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/10/28 09:00)

サボテンとブラジル 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/10/21 09:00)