住宅ローン破綻事例紹介 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

くらしとお金のFP相談センター 代表
宮城県
ファイナンシャルプランナー
022-291-7097
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン破綻事例紹介

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約
マイホーム購入 新築戸建て購入

『住宅ローン破綻事例』の紹介シリーズです。

マイホームを買って5年ほど経つと、金利が上昇するタイプの住宅ローンを組んでいたかたが返済が苦しくなります。
それだけなら、なんとかなるかもしれませんが、それ以外の要因が発生すると、返済が苦しくなります。

実際の相談事例をもとにご紹介していきます。

住宅ローン破綻の原因その1

『職場とマイホームが遠い』

「ちょっと交通の便が悪くたって、土地が安くて広い方が自分の好きな家ができる。」

「土地にお金をかけるより建物にお金を掛けた方がいい。」

建築家・設計士・ハウスメーカー・工務店はよくこう言います。

しかし、これは自分たちの売上や利益を多くするためで、消費者のその後の生活まで考えていない場合が多いようです。

Aさんは、遠くて不便な土地を購入してマイホームを建てました。

住宅ローンを返そうと頑張って街中の職場で働きました。

マイカー通勤で、職場近くに駐車場を借りて月3万円の駐車場代がかかります。

接待やつきあいで飲んで夜遅くなることもしばしば。

運転代行を頼んだり、タクシーで帰ったりのお金が月10万円以上になる時も。

ガソリン代の値上げもひびきガソリン代で月3万円。

通勤関係で月額16万円もかかっていました。

会社から出る通勤費は2万円程度。大赤字です。

残業したり、働けば働くほど暮らしが厳しくなりました。

とうとう職場近くの賃貸アパートに引越しました。家賃が月8万円程度です。今までかかっていた通勤関係費の半分にはなりました。

しかし、誰も住んでいないマイホームのローンは払い続けます。貸すにも売るにも安すぎてローンの返済にはとても足りません。

小学生の子どもも転校しました。子どもながら、家計が大変なのを理解しているようですが、かわいそうです。

自己破産も検討しています。夢のマイホーム購入のはずが、売り手の説明に押されてしまったがために地獄への入り口になってしまいました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(宮城県 / ファイナンシャルプランナー)
くらしとお金のFP相談センター 代表

子育てママパパ1000世帯以上の相談実績!実務経験豊富な独立系FP

「困ったときは西村さん!」と相談者はもちろんその子どもさんからも電話がかかってくる家庭のかかりつけ医のようなファイナンシャルプランナーです。就職・結婚・出産・生命保険加入見直し・転職独立・マイホーム購入と人生の大きな選択に適切なアドバイス!

022-291-7097
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「マイホーム購入」のコラム

このコラムに類似したコラム

【フラット35】リノベ この10月1日から始まっています! 西澤 照彦 - 1級建築士・宅地建物取引士(2016/10/04 10:14)

任意売却の相談時に必要なもの 山田 大史 - 代表サポーター(2016/10/02 17:31)

ブラックリストの住宅ローン 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/08 09:00)

★12月開催・アドキャスト無料セミナー★@ アドキャスト恵比寿本店 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/11/03 09:43)

買いたい狭小建売住宅3物件までを徹底比較! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/08/14 13:00)