SaaS/ASP利用実態調査2008(4) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SaaS/ASP利用実態調査2008(4)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はSaaS/ASPの今後の利用範囲についてのお話です。

ITproにおいて、SaaS/ASP利用実態調査2008が報告されています。

SaaS/ASPの今後の利用範囲に関する主なポイント
(1)今後の利用範囲を「絶対に増やす」が全体の3.6%、「多分増やす」が44.7%で半数弱が増やす意向である
(2)今後使う可能性が高いのは、電子メールなどのコミュニケーション系のサービスやセキュリティ系のサービスなどが挙げられた
(3)今後使う可能性として、プロジェクト管理、IP電話、ストレージ、eラーニング、動画サイト構築などが入ると考えられる「その他」の割合も高かった
(4)現在基幹業務系のサービスを使っているユーザーは今後追加するサービスも基幹業務系が多く、非定型業務系のサービスを使っているユーザーは非定型業務系のサービスを選ぶ傾向があった
(5)今後SaaS/ASPの利用を計画しているユーザーが検討しているサービスとしては、現在のユーザー比率と比べると基幹業務系の回答が比較的多いという傾向がある

SaaS/ASP導入を前向きに捉えようとしているユーザーの姿勢が見られます。

セキュリティ系のサービスやプロジェクト管理、ストレージなど幅広いサービスにユーザーが興味を示しているのは、正直驚きですが、サービス提供という概念に対する敷居が低くなっているのでしょう。

SaaS/ASPをソリューションの一つの選択肢として捉え、企業変革を進めるための議論のきっかけづくりができるのならば、それは素晴らしいことといえます。

SaaS/ASPという言葉に今後ますます注目です。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)