母が亡くなったら3000万円の預金が500万円に - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

高島 秀行
高島総合法律事務所 
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

母が亡くなったら3000万円の預金が500万円に

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般

日経新聞に、
兄と同居している母が亡くなったら
母の生前は3000万円あった預金が
500万円しかなかった。
遺産分割の際にどうしたらよいか
という相談が載っていました。

まず、こういうケースでは
預金の引き出しがお兄さんによってなされたのか
を確認する必要があります。
銀行で取引明細と、払戻請求書を出してもらったらよいと思います。

お兄さんがお母さんからもらったという場合には
生前贈与として特別受益となります。
しかし、その場合もらった証拠があるかを確認する必要があります。
預金を下ろしたのがお兄さんで口頭での贈与だとすると
書置きなどがないと贈与は認められないと思います。

お母さんに頼まれて下ろしたけど渡した
あるいはお母さんの生活のために使ったなどという場合は
お兄さんにその使途の証拠を出してもらうということとなります。

相談者は
お兄さんがこれらの証拠を出せなければ
お兄さんが預金を取得したとして
不当利得返還請求が可能です。
ただし、相談者の法定相続分は2分の1なので
下ろされた預金の2分の1をお兄さんに請求できることとなります。

この預金を生前に下ろしたという問題は
相続でよく発生する問題ではありますが
遺産分割ではなく、
不当利得返還請求訴訟により解決することとなるので
家庭裁判所の調停ではなく
地方裁判所の訴訟となります。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

預金と遺産分割 佐々木 保幸 - 税理士(2013/05/09 22:43)

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

民法、相続ルールの大規模改正へ(3) 高原 誠 - 税理士(2016/02/15 19:01)

民法、相続ルールの大規模改正へ(2) 高原 誠 - 税理士(2016/02/12 21:06)

民法、相続ルールの大規模改正へ(1) 高原 誠 - 税理士(2016/02/10 20:19)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!