「ミスを隠す風潮」に感じる子供っぽさ - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ミスを隠す風潮」に感じる子供っぽさ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

 少し前の話になりますが、旅行会社の社員が、遠足のバスの手配をし忘れていたというミスを隠すため、遠足を中止に追い込もうと考えて、生徒を装って自殺をほのめかすようなメールを送っていたという出来事がありました。

 

 このような現場のミスを隠そうとすることが、最近よく目につくように感じます。

 

 警察官が事件の証拠品を紛失してしまい、別の物品に差し替えてごまかそうとしたり、郵便配達員が、時間内に配達が終わらなかったからといって、郵便物を届けずに捨てたり、建築物の強度偽装や食品の賞味期限偽装などということもありました。

 遠足バスの件でいえば、手配ミスが発覚した時に、何とか緊急に手配して間に合わせることができればそれが一番良いはずですが、なぜ「遠足を中止にさせよう」という発想になったのかが良く理解できません。


 この手の話題を見ていていつも思うのは、「想像力の欠如」ということです。

 多くの例に共通するのは、「その場しのぎでとりあえず隠してごまかす」ということで、その嘘やごまかしが、バレて発覚したときのことには、まったく想像が及んでいません。

 

 こういう対応は、小さい子供がよくすることです。「注意されても聞こえないふりをする」「隠してごまかそうとする」「他の子のせいにする」など、とりあえず自分が怒られないように、その場を何とかやり過ごそうとします。その行動の結果にどんな影響があるかまでには考えが及びません。相手が子供の場合では、仕方がない面があるでしょう。

 

 隠し事をする理由として、「周りに言いにくい」ということがあると思います。これは最近の若者を指してよく言われる、「嫌なことは避ける」という傾向に通じるものがあります。

 同じく言われる「失敗を極度に恐れる」という傾向も、「誰にも失敗を悟られたくないから、他人には一切言わずに自分だけで解決しようとする」というところにつながります。

 さらに「自己中心的」ということでは、自分の都合だけを考えているので、物事の優先順位がいびつに捉えられているということがあります。

 

 「想像力の欠如」は、経験が少ないために先のことが想像できないということで、全体最適を考えられないということです。一言で言えば「子供っぽい」ということになってしまいますが、企業で働く人材として、これは致命的欠陥です。また、この問題は、年齢を重ねるほど大きくなっていきます。

 

 こうならないためには、できるだけ若いうちから「最悪の想定と、その中で最善の解決策を考える」という全体最適の視点を身につけさせることが必要になってきます。このことで相手の様子を見極めずに大人扱いをして、ただ「常識で考えればわかる」などと言って放置していると、いつか大変なしっぺ返しを食らうことになりかねません。

 

 「常識で考えればわかること」も、教えなければいけない時代になって来たのだと思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断