家の中に外があるという感覚の「八王子の家」 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社手塚建築研究所 
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

奥山 裕生
(建築家)

閲覧数順 2017年06月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家の中に外があるという感覚の「八王子の家」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
作品紹介
八王子の家は、2つのパティオ(中庭)を持つ平屋の家です。

昔の町屋は、中・外・中・外がずっと繋がっているため常に風が抜ける構造になっていて、機械的な空調は必要ありませんでした。中庭があってプライバシーが保てていながら、実は風通しがよかった。今、そういうものができないだろうか?と考えたのが「八王子の家」です。

この家は、外・中・外・中・外という構造で、部屋の両側が外に対して開くようになっています。これにより、どの部屋にも南北に風の通り道ができ、夏でもエアコンなしで過ごせる快適空間が生まれました。

また、クライアントの一番好きな場所は「トイレかお風呂」との言葉から、「では、いいお風呂をつくりましょう」ということでパティオのひとつに3メートルの露天風呂をつくりました。パティオでは大きなテントを張ってプライバシーと日照をコントロールし、お風呂だけではなくいろんな生活シーンを心豊かに過ごせる空間にしました。

クライアントは、この空間が気に入られて、休みの日には12時間ぐらいお風呂に入っているそうです。その意味で「八王子の家」は、クライアントがふと漏らした心の一言を、大切に膨らませて形にした好例だと思います。

(photo (c) Katsuhisa Kida)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社手塚建築研究所 

誰もが共通認識として「良い」と思えるような価値を追究したい

本当においしいお蕎麦は8割以上の人が「おいしい」と感じるように、建物にもみんなが「良い」と思える絶対的価値があると思います。この価値(デザイン)によって新しいものが生まれ、そこに住む人の生活が変わる。そんな空間をつくっていきたいと思います。

カテゴリ 「作品紹介」のコラム