私の実例:どれくらいの生活を遺したいのか - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私の実例:どれくらいの生活を遺したいのか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は政治を考える日です。
最近はあらためて議会制民主主義に関する議論が活発ですね。

保険についてお話をしています。
私の場合、子供が多く、受験は目指しておらず、習い事がポイントとなっています。

もちろん子供の数も重要なのですが、ここで結構大切なのは

「仮に自分が死んだ時、どんな生活水準を遺しておきたい」

と考えるかです。
一人の子供にありとあらゆる教育機会を用意し、非常に資金のかかる生活をしているのだとします。
もし世帯主が死んだ後でも、そのような状況は出来うる限り遺してあげたいのであれば、それに見合った保障を考えなければならないです。

もちろん、何でもお金で解決できるわけではありません。
しかし、自分たちが現在行っている生活にどれくらいのお金が必要なのか?ということは改めて考えてみる価値のあることです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

私の実例:子供が多いのと、望む環境について 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/26 07:00)

死んでからお金持ちになってもねぇ… 高橋 昌也 - 税理士(2014/08/21 07:00)

積立保険は何のためにあるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2010/07/07 08:28)

保険のご利用は計画的に! 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/24 07:00)

保険と運用について 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/18 07:00)