宗教戦争はダメだけど、布教はしないといけない - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

宗教戦争はダメだけど、布教はしないといけない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
徒然

強烈な腰痛に悩まされています。

皆様、こんばんは。環の小坂です。


ところで、日本は宗教戦争がなかったといいますね。

オリエント発祥の宗教は身内同士含めて戦争の歴史でいまだに続いています。

近親憎悪ということもあるのでしょうが、大切なのは2つあると思います。

・他人の価値観には干渉しない

・価値観の違う人を攻撃しない


日本は万の神と言われるように、様々な神を受け入れてきた結果、宗教戦争もないですし、

他の価値・宗教に寛容なのではないかと思います。

価値観の強制を拒否しても、相手の価値観は尊重するということですね。


天皇制が変遷を経ながらも長く続いている要因も同じじゃないかと思います。


さて、歴史の話をしたいのではないので本題へ。


とある会合で最近この辺の話をしたら受けたので、初めて書きます。


ビジネスの世界でも、いろいろな考えや価値観があり、集団があります。

それぞれ異なり、部分的に対立するところもあります。

私が思うに、ビジネスマンは一つの価値観集団に所属するのではなく、

様々な価値観集団に所属し、自身が納得できるところや共感したところを部分的に選び、

そうでないところは選ばないということが重要かと。

その際に、自分が選ばなかった価値観を持つ人を非難してはいけない。


価値観の中に人がいるのでなく、人の中に価値観が様々存在する。


そして、ある程度の仕事ができる人や知識・技術がある人は布教活動をすることも大事だと思います。

自分だけもしくは自分の周囲だけがその知識・技術を持つということだと、

市場が広がらないし、自分が死んだあとにそれが消滅してしまう。


そこで布教活動をすると、その布教活動を受けた人は他の人からも布教活動を受けている。

そのいろいろ受けた布教活動の中からいいものを選んで自身のものにする。

ということが大事なんだと思います。


そこに既得権や排他的な姿勢はあってはいけないし、

「お前その布教を受けるなよ」ということを言ってもいけない。


そこはオープンマインドで。


そうなってくると、いろんな知識や技術が広がっていく。


10人の100のスキルを取得してもらうよりも、

1000人に10のスキルを習得してもらうほうが世の中のためになることは多い。


実際の世界に置き換えると、英語なんかそうだよね。

100万人の人がネイティブ並みの英語力を持つよりも、1億人がそこそこ英語を使えるほうが世界は広がる。

簿記なんかもそうね。

簿記2級レベルだと専門家とはいえないけど、

そのレベルの人が少ないと、世の中の仕組みは成長しなくなる。


そういうところで、一定レベル以上の人は、自身の半分以下の人でもいいから

スキルを伝授して増やしていくという活動をすることが重要なんだと思う。

もちろんそういう人は忙しいから限界はあるんだけど。


そうすると、キリストやブッダがそうであったように、伝道師を増やすということも大事になる。


思想の対立というのが起きないのが日本のいいとこだしね。

ビジネスの世界もかくありたい。

成長というのは個人の成長だけではなく、企業・組織の成長もあるし、

その思想の成長もある。

どれも大事よね。


少し絡む話として、個人ではなく組織や思想の成長などには壁がある。

高校野球やサッカーの名監督っていますよね?

プロの大物選手を輩出する。


名選手に名監督ありというは正しい。

でも名監督に名選手ありではない。


100人教えても多分数人じゃないですか。一流選手になるのは。


日本の教育もそうだし、産業育成もそうだけど、そういう考えをもっと持った方がいい。

あるやり方で100人中90人(90社)がダメだった場合に、そのやり方をダメといってはいけない。

100人(100社)育成しても10人成功すれば相当いいやり方になると思う。


負の側面に目を向けるのではなく、正の側面に目を向けないと。


その10人(10社)が育つことで、世の中がよくなるわけだから。


スポーツに関心がある人であれば当然の考えなんだけど、

「あのコーチに育ったあの選手とあの選手ダメだよね」

なんってことを言うことはなく、

「あのコーチに育ったあの選手いいよね?」

となる。


そして多くの人を育てれば成功する数も増える。

率と数両方大事ね。

10人育てて9人成功する教育者よりも、1000人育てて100人成功する教育者の方が立派。


ここ数か月そう思うことが多いのです。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「徒然」のコラム

電通デジタルの記事を見て(2016/04/20 11:04)

IT時代の連絡手段(2016/04/18 18:04)

このコラムに類似したコラム

電通デジタルの記事を見て 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2016/04/20 11:45)

今こそ Twitter!(自分のメディアを作ろう) 千葉 英男 - Webプロデューサー(2015/12/23 10:30)

二宮尊徳に立ち返る 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2015/11/08 12:41)

ユーザ行動観察の講座始めます。 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2014/08/16 14:34)

無料化の歴史 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/10/08 09:35)