個人的にとても好きなメッセージ♫ (対立するエネルギー) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人的にとても好きなメッセージ♫ (対立するエネルギー)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

 

【アシュタールのメッセージ】

 

こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 

 

対立しないでください・・対立のエネルギーは対立を生みます。

緊張を生み出し 身体も気持ちも固くなってしまいます。

固さは 柔軟性をなくし 余裕をなくし 楽しくなくなってしまいます。

積極的に 受け入れてください.

受け入れると 柔軟になります。

 

 

柔軟になると リラックスし 余裕ができ 楽しくなります。

楽しくなると いろいろなアイディアが出てきて もっと楽しくなります(笑)

対立ではなく 仲良くする方向へ 意識を変えてみてください。

 

 

例えば 身体についてですが・・どこかが痛かったり 不調だったりした時には、

どうして こんな時に・・とか、もう 私の身体ってホント弱くてイヤ・・とか、思って

イライラしたりしないで下さい。

 

 

身体を責めるエネルギーを出して身体と対立しないようにしてください。

仲良くする方向・・ありがとうね、あなたがいてくれるからこうして私は動くことが出来て

したいことが出来て たくさん楽しい経験することができるの、とても感謝しています・・

と身体に優しく語りかけてください。

 

 

すべての存在には意識があります。

あなたの細胞一つひとつにも 意識があります。

 

 

ちょっとイメージしてもらえればわかると思いますが・・・

あなたが出来る限りのエネルギーを使ってやった仕事があるとします。

あなたは あなたなりに一生懸命しました。

 

 

その時に この程度ですか? 

もっとやってくれなきゃ困りますねぇ~~・・

と言われたら どうでしょうか? どう思いますか? 

そして そのあと その仕事に対するあなたの気持ち、テンションはどう変わりますか?

 

 

反対に ありがとう あなたがこの仕事をしてくれたおかげで 本当に助かりました。

感謝しています・・これからも よろしくお願いします・・

と言われたら どうでしょうか?

 

 

身体の細胞も同じです・・身体の細胞も意識がありますので

感謝のエネルギーを受けると元気になり調子よくなっていくのです。

動いて当たり前・・ではないのです。

動いてくれるのは 奇跡のなせる業なのです・・

 

 

対立のエネルギーは対立を生み出し楽しさを失ってしまいます。

楽しいエネルギーが すべてをスムーズに動かしてくれるのです。

 

 

身体だけではなく 人間関係も同じだということはわかりますね。

お互い 尊敬の気持ちを忘れず その人の存在に感謝していれば 軋轢は 起きてきません。

仲良くする方向のエネルギーを忘れてしまった時に 何かしらのトラブルが発生するのです。

 

 

コントロールしようとするのも 対立のエネルギーをもたらします。

対立のエネルギーを感じると 人は反発しようとします。

子供に対して 言うことを聞かせようとするエネルギーを出すと

子供は 言われたことを理解していても 気持ちが反発しますので

あなたの言うことに わざと 逆らおうとします(笑)

 

 

もちろん 子供だけではなく 夫婦間、会社の上司と部下、友人関係などすべての人間関係も同じことが言えます。

何か 上手くいかない人間関係があるならば 仲良くする方向へ意識を転換してみてください。

相手にこうしてほしい・・とか、私の役に立ってほしい・・とか、というような

コントロールの気持ちは 自由の介入になり 対立のエネルギーを生み出します。

 

 

仲良くなる方向とは 尊敬と感謝の気持ちです。

あなたが存在してくれることに感謝します・・という気持ちです。

 

 

そして 何よりも一番大切な人間関係・・(笑)

あなた自身との関係も同じです。

あなた自身と 仲良くする方向へ意識を変換してください。

 

 

出来ないことを数えるのではなく 出来ることを数えてください。

私は こんなことも出来るし あんなことも出来る・・

素晴らしい存在だと自分を褒めてください。

 

 

出来ないことを数えることは 対立のエネルギーです。

 

 

自分と対立してどうしますか?(笑)

仲良くしてください・・そのためには どんどん自分を褒めてください。

褒めることで 自分が好きになり 自分でいることが楽しくなり

自分と仲良くすることができます。

 

 

あなたが あなた自身を尊敬し 自分の存在に感謝してください。

あなたが あなた自身と仲良くなれれば 人のことは気にならなくなりますよ。

人と比較して どうのこうのと悩むことがなくなり 自由になれます。

 

 

すべてにおいて 対立ではなく 仲良くする方向へと変換してくださいね。

 

 

あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります。

 

 

 

 

 

            

 

           対象的な構図と色合いですが、同じ日の夕方に撮った写真です♫

                        (*^^*)

 

 

 

 

対立してしまうのは、自分からは変わろうとしないで先に相手を変えようとするからではないでしょうか?

この世には「変えられるのは自分だけ」と言う法則があります。

誰も相手を変える事はできません。

( ・・) ~~~

 

 

ですので「自分は変わらず相手を変えたい」と思うのは、とてもエゴな行為なのです。

だって相手には相手の自由意思があるのですから。

《 ゚Д゚》!!

 

自分でも相手でも「人が変わる時」というのは、自分が「自ら変わりたい」と思った時のみなのです。

《 ゚Д゚》☆彡

 

それを踏まえて、それでもご自分が相手を変えたかったら、決して感情的にならずに相手が「この人の言う事なら聞ける」と思える様な説得力をご自分に持つ事が先決でしょう。

 

その説得力とは「人に要求する事を、自分が実行実践して生きているのか?」「誰に対しても平等で矛盾が無いか?」という事ではないかと私は思います。 

 

 

説得力とは「自分も含め、誰に対しても矛盾の無い慈愛と慈悲の行為」です。

それが無ければ、人は決してハートで納得しないものなのです。

( ・・) ~ ☆彡

 

 

エゴな人ほど「マインド」で、自分の都合の良い様に相手をコントロールしたいと思うものです。

それは「ハート」から生じた行為では無いですから、必ず人は反発し抵抗します。

だって、人は誰かや何かにコントロールされるほど厭なものは無いのですから。

(^^;;

 

誰かをコントロールしたいと思われる方達だって、ご自分が誰かにコントロールされるのはお嫌でしょう?(笑)

ご自分もそうである様に、誰だって人間は皆「自由に自分を表現する事」に恋焦がれているのです♫ (笑)

( ・・) ~ ♡ ♡ ♡

 

ですので、人の「自由意思」というテリトリーに土足で踏み込む方というのは、どんなに人に何か素晴らしい事をしてあげても、何故か裏切られ感謝される事にはならないというのは、そういう事から来ているのですね。

 

誰に取っても "大事な自分" の人格を否定されたり蔑む行為をされれば、その様に自分を扱った相手を許す事はできても、尊敬する事はできないからです。

(・・;)

 

 

どの人間も「心が自由でいる事」を感じられない時は、いくら相手に色々な事をしてもらったとしても、理屈では立派で真っ当な事を言われても、説得力には繋がらないというのはそういう事からなのですね。

 

「人格を否定する」という行為は、それほどの威力を持ってしまうものなのです。

(・。・;

 

そしてこれらを反対から観てみると、

 

「相手を自分の思い通りにコントロールしたい」と望んだり、「相手をコントロールできない」と相手に腹を立てる人達は、ご自分が誰かや何かにコントロールされて犠牲になって生きて来たという事の現れでもあるという事なのです。

 

それが意識的であったにせよ、無意識的であるにせよ、もしその方が感情的にアップダウンが激しく、いつも不機嫌の種を探している様な生き方になっていらっしゃるなら、それがバロメーターになりますし、

 

それとは対照的に、どんなものにも「感謝」を感じながら生きる達観された方達は、気分のムラが少なく心が落ち着き安定しているので、

 

自分に目覚めている分「自分の感情に呑まれる」という事が無く、何か有った時でも誰に対してもフェアに冷静に対処できるというのがバロメーターになると思います。

 

 

 

どんな人でも感情的になってしまう「マインド(思考を心と勘違いする)スタイル」は、決して人から尊敬されません。

 

普段どんなにその人なりに一生懸命に努力をされていたとしても、人は "自分の感情をコントロールできない人" を尊敬する事はできないものですし、尊敬できない人間からは「心」からの説得力を感じる事は不可能なのです。

 

ですので、そういう方が何かをしてあげた相手から受け取るものは、「頭で考えた感謝」というマインドでしかなく、それは自然発生的な「ハートからの感謝」とは違うものになってしまうのです。

 

つまり「作られた義理の感謝」というマインド(思考)ですね。

(^^;

 

 

一生懸命生きている私達人間に取って「ハートからの自然な感謝を相手から受け取れない」という事以上に、哀しい事があるでしょうか?

( ・・)

 

 

ですので「感情的に激しやすい」という事は、人間にそれほどの影響力を持ってしまうものだという自覚を私達は持った方が良いのです。

(※ご自分がとても感情的になられるのに、ご自分ではその自覚を持たれないという方が時々おられます。それが正に「感情に呑まれて自分を見失った」という証なのですが、この様なケースの場合はご本人がそれを認めず反省できなくなるので大変難しいです)

 

 

 

ですのでやはり私達は自分の幸せの為に、自分の感情に振り回されない様にしっかりと「心」を成長させて生きて行かなければならない様に生まれついているのです。

 

人間の「成長」というのは、死ぬまで…、否、死んでからも永遠続いて行くものだと私は思いますから、どうせなら楽しく学んで知性的でユーモア溢れる、大きな人間に成って行きたいものですね~~~♫

 

 

…と、私自身は思っております♫♫♫

(*^^*) ~ ♫

 

 

ちなみに本当に凄い人って、何も言わずともその存在だけで人に大きな影響力を与えてしまうエネルギーをお持ちなのですよ~~~!

それは「感性」という心で、お互いが共鳴し合う世界で起きる事なのです♫

(^^♪

 

 

人間にはその様な素晴らしい感性(心)も、全ての人の中に存在しています♫♫♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年