「ああ〜宝くじ遠くて遠い夢」でもそのj実態は - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

須藤 利究
有限会社RIKYU・コンサルティング 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ああ〜宝くじ遠くて遠い夢」でもそのj実態は

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
金融時事話
駅前を歩いていると、ジャンボ宝くじを宣伝をする声が聞こえて
きました。限定で数に限りがあると盛んに宣伝しています。
何となくせっかれるような気持ちになります。
限定とか、期限はいつまでなんて言葉に弱いですよね。

最近、ジャンボ宝くじの回数が増えてと思いませんか?グリーン、
サマー、オータム、年末と他にも・・・ところで1枚の宝くじの配当率って
知っています。我が家も毎回買い続けています。

でも配当率は半分以下の46%となんです。
なんと約40%は国や地方自治体が最初に収益金約40%として取って
しまうのです。半分以下の金額を配当回されているのです。

半額は税金を払っているようなものです。でも3億円の夢は魅力的
ですよね。でも胴元は必ず損をしない仕組みとなっているのですね。

この間ゴルフに行ってきました。支払明細書を見るとゴルフ場利用税
900円取られていました。タバコは税金を吸っているようなものだとか、
ガソリンも税金をまいているようだと言われています。

消費税も含め年間直接・間接を合わせていくら総額で税金を払っているの
でしょうか?いったい年間でいくらの税金を払っているのでしょうか?

 
もう少し国民に分かりやすい制度にしてほしいものです。

「メールマガジンも発行しております」元銀行審査役の眼”「中小企業金融経営研究所」
こちら是非一度ご覧下さい。きっと何か経営上でのヒントがあると思いますよ。
メルマガ:http