生命保険 見直し 介護保険 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 見直し 介護保険

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険

生命保険 見直し 介護保険




介護保険では,心身の状況に応じて利用できるサービスが決められています。

要介護度は,

要支援(要介護状態とは言えないが社会的な支援が必要)な状態から

要介護5まで6段階に分かれます。

それぞれの状態については下記のとおりです。

要支援・・・要介護状態とは認められないが、社会的支援が必要



食事や排せつ、衣類の着脱はほぼ自立できているが、

生活管理機能の低下などにより時々支援を必要な状態。

要介護1(25.5%)・・・生活の一部について部分的介護が必要



食事や排せつ、衣類着脱いずれもがほぼ自立できているが、

一部介助支援を必要な状態。

要介護2(15.8%)・・・中程度の介護を必要



食事や衣類着脱はなんとか自分でできるが、

排せつは介護者の一部の介助を必要な状態。

要介護3(13.6%)・・・重度の介護が必要。



食事や衣類の着脱のいずれも介護者の一部に介助を必要な状態。

排せつには全面介助が必要な状態。

要介護4(12.2%)・・・最重度の介護を必要



身体状態は様々で、食事や排せつ衣類着脱のいずれにも

介護者の全面的な介助を必要な状態。

尿意、便意が伝達できない。

要介護5(11.1%)・・・過酷な介護を必要



寝返りをうつことさえできない状態。寝たきり状態であり意志の伝達ができない。

食事や排せつ、衣類着脱のいずれにも介護者の全面的な介助を必要な状態。


(  )内の数値は 厚生労働省「介護給付費実態調査月報」より


前回のデータや今回のデータからも

要介護状態の人を介護する年齢も高齢化している為

介護事業者のサービスの提供なしでは厳しい状況であることがわかります。



その他保険に関する情報はこちらをご参照ください
↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓
保険業界で頑張る社長のblog