所得者本人の申告義務と源泉徴収義務は別物 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

所得者本人の申告義務と源泉徴収義務は別物

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は服の直し日です。
先日、お気に入りのコートを繕いました。

源泉徴収についてお話をしています。
源泉徴収を忘れてしまったが、報酬をもらった本人がしっかりと税務申告をしていれば問題はないはずです。

ところが。
この場合でも、源泉徴収の義務を果たしていないことは問題とされてしまいます。
昨日の例で言えば、イベントを開催した者は歌手本人がしっかりと申告をしていようといまいと、本来預かるべきだった源泉徴収税額について責任を取らなければならないのです。

ではどうなるのか?

税務署「はい、あなた(イベント開催者)は徴収義務があったんだから、ともかく報酬額の約1割、税務署に納めてね」

このように税務署から指導されることになります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

源泉徴収の機能その1)ズルはダメよ 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/20 07:00)

いずれそうなるのでは?という予想 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/10 07:00)

源泉徴収とマイナンバー 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/06 07:00)

徴収義務者の責任は想像以上に重い 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/05 07:00)

徴収を忘れてしまった場合、どうなる? 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/03 07:00)