「将来苦しくなったら払い済み保険に」の提案には気をつけろ! - 保険選び - 専門家プロファイル

くらしとお金のFP相談センター 代表
宮城県
ファイナンシャルプランナー
022-291-7097
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「将来苦しくなったら払い済み保険に」の提案には気をつけろ!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険 保険代理店の見分け方

宮城県仙台の独立系ファイナンシャルプランナーの西村和敏です。

保険代理店のセールステクニックにはあきれてしまいます。

生命保険には様々な契約変更の方法があります。

その一つが払い済み保険。

例えば、死亡保障3000万円の終身保険に25歳のときに加入60歳まで払うタイプ。

年間保険料は60万円くらいです。

独身のときや新婚でダブルインカムなら払えますが、子どもができたりマイホームを購入したら払っていくのが難しくなります。

その際は払い済み保険にすると、そこまで払った保険料で保障できる死亡保障に減額した上で以後の保険料を払う必要が無くなります。

8年たって、支払が苦しくなり払い済み保険にすると700万円くらいの死亡保障になり、保険料を支払う必要が無くなります。

しかし、保険代理店の手数料は8年くらいで支払が終わるか大きく減る仕組みをとっていることが多い。払い済みにしても代理店としては痛くありません。

むしろ、大きく減った保障を補うために新たな保険を契約してもらうことで、新たな代理店手数料が発生します。

そもそも将来払うのが苦しくなるような保険は最初から契約してはいけません。

将来新たな保険に加入できる健康状態である保障はありません。

将来払うのが苦しいかもしれないという保険は、代理店手数料狙いの提案かもしれないと気をつけましょう。 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(宮城県 / ファイナンシャルプランナー)
くらしとお金のFP相談センター 代表

子育てママパパ1000世帯以上の相談実績!実務経験豊富な独立系FP

「困ったときは西村さん!」と相談者はもちろんその子どもさんからも電話がかかってくる家庭のかかりつけ医のようなファイナンシャルプランナーです。就職・結婚・出産・生命保険加入見直し・転職独立・マイホーム購入と人生の大きな選択に適切なアドバイス!

022-291-7097
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム

このコラムに類似したコラム

同じ保険会社の商品でも数十万円の差 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/06 09:50)

フジテレビ 直撃LIVE! グッディに出演致しました。 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/28 10:14)

友達が保険代理店をしている 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/25 09:00)

生命保障を考える際の手順 栗本 大介 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/16 12:21)

かんぽ生命も販売停止 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/01 14:41)