「Passive冷暖 Vol.12」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

清水 康弘
株式会社参創ハウテック 代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)
杉浦 繁
(建築家)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Passive冷暖 Vol.12」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
家づくり

 ものづくり補助金事業にパッシブ冷暖が採択されました。これで本開発に関する試作品の開発や有効な設備投資に補助金がでます。
 応募した正式な事業計画名は「住宅及び小規模建築物における最小・最適暖冷房システム及び省エネ技術の開発」です。

 採択結果は中小企業庁のHP http://www.chuokai.or.jp/josei/26mh/h26mono-1-saitaku.pdf に掲載されています。

 ある意味で「快挙達成!」という感じです。理由は全く時間が足りなかったこと。
 
 公募期間は2月13日~5月8日で、且つ金融機関等の認定支援機関に事業計画の実効性等を確認された中小企業事業者しか応募提案できません。
 
 実はこの補助金制度について詳しく知ったのは4月20日を過ぎてからのこと・・・。
 提出するための資料の内容やボリュームを把握したのは、4月30日になってからです。

 本事業の責任担当者の阿式君の強い希望を通り越した要望+熱望+渇望により、ゴールデンウィーク返上で資料づくりをしたもので、結果がついてきて疲れも吹っ飛んだようです。

 地元の朝日信金さんと商工会議所のミラサポで派遣されたコンサルタントの先生からも的確なアドバイスを頂戴し、阿式と二人三脚でおよそ25ページに及ぶ資料をまとめ、締め切り直前に応募していたのです。
 
 東京家づくり工務店の会で3年連続採択された長期優良住宅先導事業や、NCNさんと継続してきた地域ブランド化やグリーン化事業で培った資料の作成能力とロジカルシンキングが役に立ちました。

「ものづくり・商業・サービス革新補助金事業とは?」
事業概要:国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関等と連携して、革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を行う中小企業を応援する中小企業庁主管による補助事業