人が人を判断する時 (それは一体誰の為?) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人が人を判断する時 (それは一体誰の為?)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

私達人間というのは実に勝手なもので、相手の事(人生)や、そこに至る経緯を良く知りもしないで、自分の経験から得た「自分の感じ方」を基準にした憶測だけで「人を判断したがる」という悪癖を持っていますね~。

(^^;

 

直接本人から話しを聞いた訳でも無いのに、その人が「何故その様な行動をするに至ったか?」という想像力も持たずに、

自分の狭い視野からの偏ったものの見方で、勝手に「この人はこういう人」と、独り善がりに他人を判断してしまうという悪癖です。

(^^;;

 

そうして私達はお互いを勝手に「判断し合って」いるものですが、ではその判断というものは、果たして一体「どなたの為にされているのでしょう???」というのが、今回のコラムのテーマです♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

人というのは無責任なもので、相手の事を判断する時にはその殆どは「相手の為」ではなく、「自分の為」の判断になっているものですね。

大概人は「相手の為」とか「○○の為」と、表面はキレイにお化粧を施しますが、その下には「自分の為」という素顔が隠されているものです。

(…あ、今急に冷や汗が出て来た方がいらっしゃいますね~!? (笑) )

(^^;(^^;;(^^;;;

 

 

そんな性(サガ)を持つ私達人間が、果たして人に対して「正しい判断」などできるものでしょうか???

( ・・) ~~~ ?

 

 

その問いに対する私の答えは「NO!」です。

そう! 私達が他人様に対して「正しい判断を持てる」などと思うのは、傲慢以外の何ものでもないと私は思っているのです。

《 ゚Д゚》☆彡

 

けれども、そういう事ができる方というのも稀にですが、この世にもいらっしゃいます♫

それはどの様な方達かと申しますと…。

 

★ 自分の中に、人に対しての「怒り」「憎しみ」「恨み」「嫉妬」「劣等感」の無い方。

★ 自分の中で、人に対する「自己顕示欲」や「承認欲」の無い方。

★ 自分に取って都合の良い人達だけではなく、全ての人の立場に立てる様な広い視野を持ち、ハートで全体を考える事のできる「無知」では無い方。

 

この三拍子が揃った方達です♫

(^^♪

でもこれは私達人間には、口で言うほど簡単な事ではないでしょう?

(^^;

 勿論、これは私自身にも言える事です。

✿_(_✿_)_✿

 

 

ですので私が考える「私達人間が人様にできる事」とは、

 

★ 無責任に自分の狭い視野で「他人を判断する事」ではなく

★ 自分の考えを「人に押し付ける」という事ではなく、

★ 又「相手や周りからどう思われるか?」という事でもなく、

 

各自「自己責任で自分の判断で、自分が感じた事をありのままに正直にお伝えする事」しかないと思っているのです。

《 ゚Д゚》!!

 

 

本来は、それが本当の意味での人と人とのコミュニケーションであるはずですが、

 

無意識な集団意識が強く、持たなくて良いコンプレックスを抱える方が多い日本では、すぐ人に対して「批評家」になったり、人の意見に対して自分卑下してみたりという癖の強い方が大変多いので、

 

それはコミュニケーションと言うよりも、大の大人がお互い相手を "お守りし合う" 様な関係としか思えない、「それが友情??? ほんまかいな~~~!?(笑)」という関係を築いていらっしゃる方も大変多い印象を正直私は持っていますが、

 

人間というものは人間からしか学べない訳ですから、そういう自立した者同士の真のコミュニケーションが無ければ、いつ「自分と違う価値観」「自分と違うものの見方」に触れたり学んだりする機会を得るのだろう???と私は思う訳なのです。

《 ゚Д゚》☆彡

 

 

そしてお互いにその様な眼で「自分と相手を尊重し、その行動を観る」という視野があれば、

 

私達は相手に腹を立てたり、自分が誰かを裁判官の様にジャッジする事や、何かを人のせいにする事が無くなり、又自分を善い人に見せようという偽善も必要無くなる分、

 

お互いがもっと自分を自由に表現できる様になり、実に平和で大らかな世の中になるのではないかと私は思います♫

(*^^*) ~ ✿

 

 

私達が、もし自分の "我" を削ぎ落とす事ができたなら、そこに視えて来るものは物事の「本質」という、私情を挟まない「事実」だけになるからです♫

(*^^*) ~ ♡ ♡ ♡

 

 

 

 

 

 

この様な優しい色合いが好きなのは、子供の頃から変わらない私です♫

(^^ ♡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年