税務署の立場、私の立場 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税務署の立場、私の立場

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はスナックの日です。
最近は間食をやや控えております。

源泉徴収についてお話をしています。
源泉徴収という仕組みがあることで、税務署と事業者にどんな影響があるのか考えてみます。

税務署の立場)
A社が源泉徴収をしていることで、少なくとも売上の約1割分だけ税金を確保することができる。
仮に事業者(今回の例では私)が脱税を働こうとしても、天引きしてしまえば完全なズルはできなくなる。

私の立場)
脱税をしようとしても、天引きされているので難しい。
またA社から税務署に税金が納められることで、私自身の売上額がある程度把握されることにもつながる。

このように、源泉徴収という機能があることで私がズル(脱税)を図ることがとても難しくなるのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

事業形態の変更 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/12 07:00)

法人が常にお得、というわけではない 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/28 07:00)

いずれそうなるのでは?という予想 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/10 07:00)

マイナンバーって何? 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/07 07:00)

徴収義務者の責任は想像以上に重い 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/05 07:00)