米当局のインフレ統制、ロッターの内的統制 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米当局のインフレ統制、ロッターの内的統制

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

米国の臨床心理学者、ジュリアン・ロッターは「ローカス・オブ・コントロール」(Locus of Control)を提唱。
一般に「統制の所在(Locus)」と訳され、行動に対する結果の主因が自己か他者のいずれにあるかを求める、認知様式の一つです。
自身が主体的にコントロールしていると考える人は「内的統制者」、外的な力によってコントロールされていると考える人は「外的統制者」とされます。

5日、米労働省は雇用統計を発表。
5月の非農業部門雇用者数は前月比28万人増で、市場予想値22万6,000人増を大幅に上回りました。
これを受け、早期米利上げ観測が改めて浮上。
米利上げは円安要因となるため、日本も影響が懸念されます。
過去の米政策金利、日米為替の推移は以下の通りです。

      為替     米政策金利
1980  226.6円  14.00%
1985  238.5円   8.10%
1990  145.0円   7.98%
1995   94.0円   5.81%
2000  107.8円   6.27%
2005  110.2円   3.25%
2010   87.7円   0.13%
2011   79.7円   0.13%
2012   79.8円   0.13%
2013   97.6円   0.13%
2014  105.9円   0.13%

(出所)FRB他より作成
(注)1. 為替は1米ドル-円
    2. 為替、米政策金利は年換算値


強制的にインフレ(物価上昇)を起こさせようとする日本に対し、いかに未然にインフレを防ぐかが課題の米国。
2桁インフレに苦しんでいた1980年、1981年には、米当局は政策金利を最大20.00%にまで引き上げました。
当時のFRB議長ポール・ボルカーは、インフレの原因を1970年代の景気回復局面における寛容すぎる金融政策と考えており、1984年にフィラデルフィアで「好況期にインフレを統制するテストに合格したことがない」(FRA)と述べています。
実際にボルカーはインフレ鎮静化後も経済情勢に応じて引き締め調整を行い、景気拡大期のインフレを未然に防止しました。
政治家や市場の圧力に臆することなく金融引き締め政策を行い、インフレの猛威を鎮静化したことはのちに高く評価されています。

目先の景気拡大を優先し後で手痛いしっぺ返しを受けるか、それとも早い段階で痛みを受け入れ持続的な成長を目指すか。
もちろん早い段階で痛みを受け入れることが必ずしも持続的な成長をもたらすとは限りませんが、インフレ実績とやや前のめり感のある米国の国民性を考慮すると、やりたくないがやらざるを得ない、心境に至るのは理解できます。

ローカス・オブ・コントロールは性格特性の分析で、ロッターが考案したI-E尺度により測定されます。
リーダーシップ論やコーチングでは、内的統制者には本人の専門外となる課題を与え、他者の意見を尊重することを経験させます。
外的統制者には新人ばかりのグループなど頼れる者がいない環境を設定し、主体的に意思決定することを実践させます。

これまで米国が利上げを行うと為替は円安反応しており、1980年から2014年までの相関係数は0.79(月次換算値)で高い相関性が見られます(Guildford's Rule/0.7~0.9:高い相関性)。
実際の利上げ時期やその後の頻度などにより異なりますが、少なくとも総じて円安が進行する見込みです。
ローカス・オブ・コントロールはその活用において両者になんらかの優位性を認めるものではありませんが、市場の変化に備えるには内的統制が求められます。

 

☆貯蓄率135.2%の個人年金保険 -49歳以下の方限定!-

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

OPPO、躍進(2016/11/04 09:11)

このコラムに類似したコラム

異次元緩和のプレカウントダウン 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/01/16 09:00)

貯金とインフレ 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/02/14 09:00)

ドッカンターボとオーバーシュート 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/18 09:00)

4,505%のインフレ予測、ベネズエラ 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/11 09:00)

サボテンとブラジル 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/10/21 09:00)