「あなたに何がわかるのよ!」って言われました - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「あなたに何がわかるのよ!」って言われました

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


誰かの愚痴を聴いてあげているときに

 

「わかるよ」

 

と言ったら、ブチ切れられてしまったという経験はありませんか?

 

これは比較的男性からのお悩みに多いかな・・・

 

奥さんが落ち込んでいるときに

 

「わかるわかる」

 

って言ったら

 

「あなたに何がわかるのよ!」

 

って言われてしまった・・・とかね。

 


「わかるよ」っていう言葉は、扱いが難しいです。

 

その人の痛みは、その人にしかわからないもの。

 

なので、その痛みが辛ければ辛いほど、安易に

 

「わかるよ」

 

なんて言って欲しくないのですよね。

 

 


「わかるよ」という言葉を上手に使うコツがあります。

 

それは、相手のポジティブな感情に共感するときや、ビックリしたとき、慌ててしまったときに使うんです。

 

「あ~。わかる、わかる。そういうのって、嬉しいよね」

 

「わかるわぁ。そういうとき、ホント焦っちゃうよね」

 

こんな感じ。

 

 

相手が辛い気もちを打ち明けてくれたときには、「わかるよ」の代わりに

 

「そっかぁ。そんなことがあったんだね。辛かったね」

 

「そうだよね。イヤだったよね」

 

という感じで受け止めてあげると、相手はホッと安心しやすいです。

 

それに「わかるよ」と言ってあげたときよりも、「わかってもらえた」と感じてもらいやすいようです。

 

ポイントとしては「辛かった」「イヤだった」と過去形で言ってあげること。

 

こうすることで、そのイヤな出来事が今まさに起きているわけじゃないというメッセージを相手に送ってあげることが出来ます。

 

そうすると、その出来事と少しだけ距離が出来るんです。

 

よかったら、試してみてくださいね。

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。


 

このコラムに類似したコラム

夫が手放さない妻になるための大事な質問 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/02/28 19:53)

自己憐憫からの抜け出し方 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/28 19:00)

愛しているなら、わかるはず 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/08 23:00)

夫と話し合う前に確かめておきたいこと 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/15 20:18)

【ご感想】優しい気もちが増えてきたような気がします 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/01 23:00)