”夏のむくみ”について - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

東京身体療法研究所 総院長
東京都
鍼灸マッサージ師
03-3983-8081
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

”夏のむくみ”について

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. その他の心と体の不調

梅雨の季節になりましたね。


この時期くらいから”夏のむくみ”が起き始めてきます。
実は、むくみというのは季節によってその原因は違うんですよ。


まずはむくみについて書きたいと思います。
むくみというのは、からだの特定の場所に余分な水分が溜まっている状態のこと。
人のからだはその多くが水分で、水分を介して酸素や栄養分をからだの隅々に運び、
そして不要になった老廃物を回収するための媒介として使われています。

この中で注目されているのがリンパ系なのです。
からだの老廃物を回収して、血管の中に入ろうとしても、血管の中は血圧がかかっていて、
血管の中から外へ行こうという圧力がかかっているんですね。
その関係で老廃物を回収した水分は血管の中へ戻るのが大変になります。
そこで、別な経路を用意したのです。それがリンパ系で、
その中を通る水分をリンパ(リンパ液)と言います。

ただ、このリンパ系は血管系とは違って心臓のポンプ作用がありません。
ですからリンパの流れを促すためには幾つかの要素が必要になるんですね。
それは
・重力
・温度
・筋収縮
・関節運動
・外力
となります。これらが相互に作用することでリンパ循環を生むんですね。


ところで、夏のむくみはどうして起きてしまうのでしょうか。
それには冷房の使い方が関係するのです。

一般的にからだが冷えるとだめですよ、と言います。
リンパは温度の影響を受け、温度が上がるとリンパ循環は良くなっていきます。
冷房に頼り、からだを冷やしてしまうとリンパ循環は悪くなります。
また冷たいものを飲んだり食べたりすることでからだを冷やしても同じことが起こります。
ですから、夏場はからだを冷やし過ぎないように注意が必要なんですね。

ですが、これだけだと夏特有のむくみの原因にはなりません。
夏の暑さもまたむくみの原因になるのです。

水分だけを考えると、温度が上がれば上がるほど循環は良くなります。
ところが人のからだは水分を除くとその主成分はタンパク質なんですね。
タンパク質は温度によって変性してしまいます。
38度を超えるあたりから変性が始まるんですね。

人のからだは非常に効率の良い発熱体でもあります。
外気温が25度を超えるあたりから熱をため込みやすくなり、
28度を超えると短時間でほてりとともにむくみがおきます。
それは水分がその場所を冷やそうと働くからなんですね。


それなので、夏のむくみは全身に出る、という特徴があるのです。


特に寝苦しい夜を経験すると分かると思いますが、
からだが全体的にはれぼったくなった感じを受けると思います。
それが夏のむくみ。
この夏のむくみを解消するためには、温度管理がとても大切になってくるのです。

それでは、ご家庭ではどう対処すれば良いのでしょうか。
・寝るときは体感温度が25度くらいになるように冷房をつけっぱなしにして寝る。
→ お部屋やエアコンの設定を26~28度、微風で風が直接当たらないようにする
・寝汗をかかないように調節する
・窓際に寝ない
→ 窓から外の熱が入り込むので夏は窓際に寝ると暑ぐるしくなります


こういった事に注意しながらおやすみになると良いと思います。
今年はエアコンを上手に使い夏のむくみ知らずの生活を送れると良いですね。

文責:山田光敏(東京身体療法研究所)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸マッサージ師)
東京身体療法研究所 総院長

赤ちゃんから高齢の方まで、より専門的な施術を目指しています。

生後1か月の赤ちゃんから104歳の高齢者まで診てきました。赤ちゃんはダウン症や脳性麻痺と言った障碍を持った赤ちゃんの発育援助から女性に対しては美容から症状緩和、不妊施術。高齢の方の痛み対策など幅広く専門の治療師とともに頑張っております。

03-3983-8081
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

むくみを解消する食事 山田 光敏 - 鍼灸マッサージ師(2015/07/07 09:11)

咳が止まらない セキ喘息は、夏場にも増えている!! 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2016/07/21 11:19)

尿量の減少を東洋医学的に改善する 足立 美穂 - 鍼灸師(2015/06/04 20:36)

湿度を適度に保ちましょう! 市原 真二郎 - カイロプラクター(2015/05/18 22:15)

揉み揉みはさいごまで! みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/05/07 10:00)