もちろんバランスは取ります - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

もちろんバランスは取ります

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は老後の日です。
年金の積み増しは少し前から始めました。

融資についてお話をしています。
こと中小事業者の場合、返済期間は比較的長めにしておくことをオススメさせて頂きました。

もちろん、バランスは必要です。
無闇矢鱈と長い返済期間にすれば良いというものではありません。
逆に長過ぎることで事業活動そのものに対して悠長な姿勢になってしまうことは好ましくないでしょう。
また長期間お金を借りるということは、それだけ多くの利息を金融機関に支払うことも意味します。

もし事業が好転し、手元資金にそれなりの余裕が出てきた場合には、繰り上げ返済を検討するなどして返済期間を短くすることも有効です。
すべてはバランスの中で行われるということを心がけたいものです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

まとめ 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/17 07:00)

猶予期間をしっかりと感じていること 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/11 07:00)

返済資金はどこから出てくるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/06 07:00)

返済期間のバランス 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/04 07:00)

結果を出すまでの猶予期間 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/03 07:00)