金利の上下動はどんな理由で起こるのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金利の上下動はどんな理由で起こるのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は東京港開校記念日です。
東京湾は世界でも有数の漁場としても有名です。

融資についてお話をしています。
お金を借りる時、まず最初に気になる金利について考えてみます。

金利はどのような要因で決まるのでしょうか?
まず借りる人と貸す人の間でどれくらいの信頼関係があるのかがポイントです。

・借りる人に対する信用が大きいと、金利は下がる
・借りる人に対する信用が小さいと、金利は上がる

信頼できる相手ならば多分返済もしてくれるだろうから金利も低く、そうでない人は踏み倒してくるかもしれないから金利を高く。

借りる人の立場からすると、自分の信頼度が高いほど有利な条件で借りることができることを意味します。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

信頼度と融資目的も密接に関係する 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/31 07:00)

やっぱり信頼度が重要 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/29 07:00)

まとめ 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/17 07:00)

中小事業者の注意点 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/15 07:00)

不易流行の姿勢 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/12 07:00)