彼の浮気が原因で別れることになっても、慌てないこと - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

彼の浮気が原因で別れることになっても、慌てないこと

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 

人生が何だか上手くいかない。

 

そんなとき

 

「あの人、今頃どうしてるかなぁ」

 

と、あなたが思い浮かべるのは誰ですか?

 


その人は、あなたのことをとても大事にしてくれた人じゃありませんか?

 


今、彼の浮気問題で別れ話が出ているのでしたら、あなたが彼にとってそんな存在になることを目指してみてください。

 

つまり、「あなた=彼のことをとても大事にしてくれた人」という記憶を彼に持ってもらえるように頑張ってみてください。

 


どうすれば彼を大事にしたことになるのでしょう?

 

もしかするとそれは、彼の気もちを尊重してあげることかもしれません。

 

ですから、他の女性のもとへ行きたがっている彼に

 

「私はあなたを手放せるくらい、あなたのことが大好きです」

 

と一旦は身を引くことになるかもしれません。

 


「それじゃ、彼があの女と幸せになってしまう」

 

って思ってしまうのでしょう?

 

本当に堪らなく口惜しいですよね。

 

でも、ひとつだけ覚えておいてくださいね。

 

人は誰かのことを好きになるとPEA(フェニルエチルアミン)の濃度が上昇します。

 

PEAというのは、恋愛感情を支配する脳内物質です。

 

このPEAが作用している間は、恋した相手に会いたい気もち、一緒にいたい気もちが持続します。

 

でも、時間の経過とともに分泌量が減っていき、あんなに熱を上げていた浮気相手に飽きてしまう時が来るんです。

 

ここまでの期間は、個人差がありますが、半年から3年くらいだと言われています。

 

つまり彼が浮気相手に飽きるときが来るってことです。

 

今はとてもそんなふうには見えなかったとしてもね。

 


そんなとき「今頃どうしてるかなぁ」と、ふと思い出すのがあなたであれば、あなたにまたチャンスが巡ってきます。

 

そのとき、あなたがまだ彼のことを大事に思っているのであれば、つき合っている頃には気づけなかった彼の気もちに寄り添うひとことを伝えてあげてください。

 

浮気というのは、あなたとの関係は続けたいけれど、今のままだと辛いなというときに起こりやすいです。

 

要するに、彼は、あなたとの関係に何かしら痛みを感じ、そこから逃げるために浮気をしていたということです。

 

「あのときには、気づけなかったけど、随分と辛い思いをさせてしまったね」

 

彼と離れている時間を使って、それが言えるあなたになっていてください。

 

女性として成熟していないと言える言葉ではないですよね。

 

だって悔しいですからね。

 

 

「辛い思いをしたのは私の方なのに、何で私からそんなこと言わなくちゃならないわけ?先に向こうが謝るべきでしょ!」


もっともです。

 

でも、正論を振りかざして手に入るのは「正しさ」で、「愛情」ではないんですよね。

 

あなたが手に入れたいのが愛情なら、せっかくのチャンスを正しさで台無しにしないことです。

 

 

※でも、成熟した女性になると、あんなに好きだった彼のことが何だかどうでもよくなってしまうこともあります。

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。
 

このコラムに類似したコラム

浮気からの修復・最大のポイントはココ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/12/24 23:22)

浮気相手と別れられない夫 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/01 23:08)

大抵の浮気は期間限定です 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/07/12 20:00)

パートナーにこれをプレゼントすると浮気されます 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/07/13 20:00)

心理テスト・あなたは浮気されやすい人? 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/11 21:13)