すぐ前の通行量が多ければよいのか2 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

すぐ前の通行量が多ければよいのか2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
通行量を気にしすぎると失敗する
要するに一般的な答えは、

(1)商売(業種業態)が同じで、
(2)お店の見え方がいっしょで、
(3)入りやすさもいっしょなら、
(4)同じ時間帯で、店のすぐ前が同じ通行量ならば、
=繁盛度合い(売上げ・客数)もいっしょ(同じ)

というものでしょう。

すると、どうでしょう。
単純に『お店のすぐ前』の通行量以外にも条件だらけです。

さらに、
競合店があったらどうでしょう?
すぐ前の通行人でも、買い物客とサラリーマンという違いがあったらどうでしょう?
若い人と年配の人だったらどうでしょう?

「いやあ、それみんな同じ条件だったらの話に決まっているじゃないか」
あるいは
「ちょっとわからないなあ・・・」

こうやって、さまざまな立地上の要因を付け加えていくと、慎重な人であればあるほど、「そんなの関係ない」とは言わないものです。
それこそ、何が何でも「通行量が同じなら、繁盛も同じ」と言い切る人はいなくなってしまうのです。

PR


ソルブの代行調査】出店判断に必要不可欠な立地要因を、効率的にスピーディに調査。安価でご提供。