年金と税金 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年金と税金

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は鵜飼開きの日です。
鳥でも躾けるとあそこまでいうことをきくのですねぇ…。

投資についてお話をしています。
年金の運用的な側面について簡単に確認をしました。

年金の税務的な側面について確認をします。
税務上、年金はかなり優遇をされています。

・保険料を徴収した時点で、個人の所得税等の計算上税金が安くなる
支払保険料は個人所得の計算上、経費と同じような扱いをしてくれます。
つまり保険料を支払っている限り、税金が安くなるのです。

・年金を受け取る時点における税額計算でかなりの優遇がされている
年金を受け取る状態になったとき、基礎的な免税額がかなり高くなっています。
それ故、年金に対してかかる税金はかなり低いのです。

保険料の徴収時点でも、年金の受取時点でも税務上は優遇されているのが大きな特徴です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

上乗せ年金について 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/12 07:00)

運用で必要なものその2:余裕資金 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/23 07:00)

保険の解約や受取が一つのポイント 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/21 07:00)

保険で税金を安くする方法 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/20 07:00)

保険での運用:主に税金との関わり 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/19 07:00)