会社で活用されている事例 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社で活用されている事例

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はコロッケの日です。
最近はコンビニのコロッケも随分と美味しくなりました。

投資についてお話をしています。
積立型の保険を活用した運用について確認をしています。

よくある事例として。
手元資金に余裕のある企業が、経営者等に対して積立型の保険契約をすることがあります。
支払保険料もかなり大きくなりますが、それはつまりそれだけ経費の計上額が増えることを意味します(払った額がそのまま経費になるわけではないのですが)。

経費が増えればそれだけ税金が安くなります。
この運用方法では「税金を安くする」というマイナスを減らす結果を期待している点も特徴的です。

そして最終的にはある時期でもって保険を解約し、返戻金をもらいます。
もらった返戻金は企業にとって一部が売上になるのですが、その分を退職金として支払います。

このような退職の時期を見越して積立式の保険を活用することも多いです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

年金の投資的な意味合い 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/10 07:00)

運用で必要なものその2:余裕資金 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/23 07:00)

保険の解約や受取が一つのポイント 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/21 07:00)

保険で税金を安くする方法 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/20 07:00)

上乗せ年金について 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/12 07:00)