あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ1:その3 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ1:その3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般


「このお店で仕事をして行く中で、何かわからないことや困ったことがあって、先輩達に尋ねても解決できなかったときは、必ず私のところに来て下さい。疑問だけではなく、不満でもかまいません。あなたが納得出来るまで私はあなたの話を聴きます。必要ならば説明をします。だから、必ず来て下さいね。お願いします」

これは、私が、大阪の繁華街のマクドナルドで店長をしていたときに、新人バイトの初日のオリエンテーションの最後に、必ず言っていた言葉です。
これは、当時の私の店長としての想いを、一番現していた言葉でした。

私がこだわっていた「疑問や不満は店長に言って欲しい」という姿勢を現しているこの言葉。
実は、店長としての過去の苦い経験から来るものでした。


私は、福岡博多の店で店長に昇格してから、最後の店(上記の大阪の繁華街の店)まで通算6店舗で店長をしてきました。
その中で、店長として一番辛かったのは、せっかく相思相愛で採用した新人スタッフが、卒業や引越などのやむを得ない事情以外の理由で、アルバイトを辞めてしまったときです。
特に、「なぜ辞めてしまったのかわからない?」「いつの間にか来なくなってしまった」そんな辞め方をしてしまったスタッフの事を思うと、本当に悲しく、申し訳ない気持ちになるのです。
彼ら、彼女らを思いとどまらせるような改善が出来なかったこと、そもそも、そう言う気持ちになっていることに気がつかなかったこと・・・店長として情けない限りでした。

店長は、スタッフが「楽しく」「元気に」そして「成長する」ための環境を作ることが仕事です。
しかし、辞めてしまうスタッフの多くは「悲しく」「辛く」「面白くない」ことが原因で仕事を辞めてしまいます。
その主な原因は、店長、社員、そして仲間や先輩とのコミュニケーションのギャップなのです。
そして、そのギャップの発生を店長がいち早くつかんでいなかったことで、悲しい辞め方をしてしまっているのです。


そんな時の私の気持ちは、「なぜ、もっと早くそのギャップをつかめなかったんだ・・・」と言う後悔の念でいっぱいでした。しかし、残念ながら、当時の私は、悩んでいるスタッフの本音を引き出すことが出来ませんでした。(まあ、今もそんなに成長はしていませんが・・・)

優秀な店長は、悩んでいるスタッフは様子を見ればすぐにピンと来ます。
そして「聴く」というスキルを使ってスタッフの本音を引き出せます。
しかし、私には、「観察力」も「傾聴力」もありませんでした。
だから、「悩んだりわからなくなったりしたら、店長の所に言ってきて欲しい」と、素直にお願いをするしかないな、と思ったのです。いや、そうせざるを得なかったのです。

そんなわけで、私は、新人スタッフへの仕事始めのオリエンテーションの最後に必ずこの言葉を言うようにし始めました。その素直な行動は、自分でもビックリするほど大きな効果がありました。

その店では、40名しかいなかったスタッフをたった2ヶ月で120名にしたものですが、その後の半年間で退職したスタッフは、1名に留めることが出来たのです。

もちろん、その間、何度も何度もチーム内のコミュニケーションギャツプは生まれました。
しかし、その度に、新人達は私のところに来てくれたので、早め早めに対応し、問題点の改善をすることができたのです。トレーナーや社員達も私の気持ちや姿勢を理解してくれていたので、「今日の新人達は何か言っていませんでしたか?」と、自分達が発生させているかも知れないコミュニケーションギャツプについて、いつも関心を持つようにもなりました。

私たちは、本質的には、相手の気持ちを完全に理解することは出来ません。
出来るのは、「理解しようと努力すること」です。
コミュニケーションギャップは、「相手の気持ちがわかる」なんておこがましいことを考えるから起きるのです。


「わからない」のです。
だから「聴く」しかないのです
でも、こちらが「聴く」前にスタッフが落ち込んでしまったら、救い上げることがかなり難しくなります。
だから、自ら言えるような空気・雰囲気・環境を作るのです。
私が出来たのは、それだけでしたが、それでも大きな効果はありました。

もしもあなたが、スタッフの早期退職やチーム内のコミュニケーションギャップに悩んでいるのなら、一度素直に、私のように言ってみて下さい。

「わからなくなったらなんでも店長に聴いて下さい」とね。

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ

 


※「『これからもあなたと働きたい』と言われる店長がしているシンプルな習慣」(同文舘出版)のAmazonサイトはこちら(でも、出来れば本屋さんで買って下さいね。どうぞ、宜しくお願い致します。)
http://www.amazon.co.jp/dp/4495530313/



※「店舗力診断」「従業員満足」「ミッションPDCA」「中小企業のブランド戦略」に関するご相談、従業員満足度調査、セミナー、研修、売上アップコンサルティングなどについては、弊社までメールかこのホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

※「店長ナビ・店舗力診断」専用のホームページがオープンしました。詳しくはこちら!
http://www.tenchonavi.com/



※「店長ナビ・店舗力診断webアプリ」と言う新サービスがスタートしました。詳しくはこちら!
http://tenchonavi.com/contents_124.html

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

読者から新刊本の感想が送られてきました 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/05/02 06:28)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ1:その2 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/29 06:29)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・プロローグ:その3 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/26 06:40)

おお~いいね!・・・客席でドリンクを倒してしまったお客様へ素敵な対応をするカフェスタッフ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/19 06:30)

おお~いいね!・・・地階の店なのにまるで1階にあるようなファサードで吸引するレストラン 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/13 06:39)