木製床通風口 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社光設計 
東京都
建築家
03-3466-0761
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

木製床通風口

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
設計の工夫
光設計の設計はいつも風通りのよい住まいを心掛けています。
地窓や欄間、引き戸、小窓といった定番の手法に加えて、
この木製の床通風口を設計の中でよく使っています。

最近ではお年寄りの建築主ご夫妻の住まいで使いました。
夏のクーラが若手で、そとの涼しい空気(敷地は高台にあるので、
夏には東南の方から風が流れてくる)を家の中に呼び込むような
工夫を望んでいました。

そこで、昔の家のように床下から涼しい
空気を室内に取り込むことを考えました。床下基礎を高くして、
基礎パッキン工法による全周換気に従来の換気口を併用して、
床下の通風を確保し、住まいの主要な部分11ヶ所に木製の通風口
を取り付けるように計画しました。通風量は薄い3枚の板をスライド
させて調整できるようになっていますので、冬は閉め、春秋はちょっと
開け、夏は全開というように使ってもらっています。

結果は期待以上で、夏の間は全開すると床下からとても気持ちのよい風
が入って来ます。木製なので足で踏んだときにも冷たくないという点も
建築主さんがとても喜んでくれている理由の一つのようです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社光設計 

快適でサスティナブルな家とは?その答えは「呼吸する住まい」

「呼吸する住まい」をテーマに、自然素材を使いながら、雨水や太陽熱、地熱など自然エネルギーを有効に利用するエコロジーな住まいを設計します。昔の暮らしの知恵に学びながら、光と風に溢れた空間をご提案することで快適な暮らしを追求します。

03-3466-0761
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「設計の工夫」のコラム

古い欄間の生かし方(2016/10/01 14:10)

子供室の計画は?(2016/07/03 11:07)