人が「できない」と言う時の本音は、「やりたくない」という事 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人が「できない」と言う時の本音は、「やりたくない」という事

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

人は良く「できない」という言葉を使いますね?

でも本当にそれは「できない」のでしょうか?

 

…という事をお考えになられた事がございますか? というのが、今回のテーマです。

(^^♪

 

 

人が「できない」という時、本当に「できない」という事は少なく、

実は本当は「やりたくない」という本音を隠す為に、良く私達が使う表現でもあるのです。

(^^;

 

人が「自分はしたくない」と正直に言えないのは、そう言うと自分が何かを損するからという(※人に嫌われるとか、悪く思われるとか、何かを得られなくなるとかの) 思惑が働いている事が多く、

 

又、自分がやりたくない事を他人からさせられない様にする為に「できない」という言葉を使い、自分を綺麗にお化粧するという一面を持つのです。

(^^;;

 

その様な場合に使われる時には、その方には或る特徴が見受けられます。

それはこちらが聞いてもいないのに、ご自分から「できない理由」「しない理由」という言い訳を、何故か一生懸命に勝手に語り出すという行為です。(笑)

(^^;;;

 

「できない」と言う側が、それは自分が本当に「できない」のか?

或いは「やりたくない」のが本音なのか?

 

という事を、ご自分で明確に自覚できているならば、

 

その方はご自分にも他人にも誠意がありますから、例え「できない」或いは「やらない」という時でも、その様な「言い訳」というものを自分にも他人にも持つ必要が無いのです。

(^^✿

そしてその様な方から放たれるオーラには、正直で誠実=言い訳をしないという行為から生まれる、実に爽やかな雰囲気が感じ取れます♫

( ^^) ~ ☆彡

 

 

生き様が現れてしまうオーラには、「言葉」や「文字」というものの様に嘘や誤魔化し、そしてお化粧は通用しないのですね~。

☆_(_☆_)_☆ 

 

 

 

 

 

 

地球の晴れた空の色は、清涼感溢れるブルーですね♫

 

 

宇宙では星により、その地上から見える空の色は違う色に見えたりすると言われますよね?

「空の色はブルー」という地球に住んでいる私達には、きっとそれはとても不思議な光景にとして目に映るのでしょうね~。

《 ゚Д゚》☆彡

 

その様な「空の色」というものも見てみたいものです♫

(^^♫

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年