屋根外壁塗装を火災保険で4 - 屋根塗装・屋根リフォーム - 専門家プロファイル

森 幸夫
低コスト・リフォーム研究会 
埼玉県
代表

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根外壁塗装を火災保険で4

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 屋根塗装・屋根リフォーム

4.火災以外にも適用できる火災保険。プロが教える上手な活用方法とは?

火災保険は火災以外の災害にも適用

火災保険とは火事のイメージが強くありますが、火事にはもちろんのこと、台風や水害等にも適用されます。台風でいえば瓦が飛んでしまった、どこからか飛んできた物により、大きな破損が数箇所見受けられる場合、保険適用が受理されることがあります。
水害で雨漏りが尋常ではないといったことや、浸水して大規模な破損が見られるときにも、専門業者に相談をしてみましょう。
火災保険は竜巻や突風にも対応しています。大きな修繕から小さな修理まで信頼できる専門業者に依頼をすれば、きちんとした適用の可否を教えてもらえます。

 

入者に賠償責任が生じた場合に補償してくれる個人賠償責任特約

私たちの普段の日常生活で起きうる予想外の事故に対し、他人や他人のものに損害を与えてしまったとします。
個人賠償責任とは、法律上の賠償責任が加入者に生じた場合に補償される保険です。これを災害に当てはめると「明らかに自分の持ち物である何かが、軽度もしくは重度の災害により、本人の意思と関係なく隣の民家の一部を破損してしまった」というような場合です。皆が災害にあっていたとしても、損害賠償を求められることも否定できません。そのような場合にも適応される可能性があるので、自宅や自社の損保だけでは不安な方は加入しておいたほうが良いでしょう。
特約も含め、保険を上手に活用することで、自分だけでなく他人の保証もできます。「リフォームする保険金は受理されたけれど、賠償分は実費で出すことに」などという事態には陥りません。

 

さまざまな災害を想定して火災保険を上手に活用を

少しでも当てはまるのであれば、やはり最終的には自己判断では難しいものがあります。
専門業者へ相談後、詳細な見積りと申請方法を学びましょう。保険が適用されると明記されている損害に関しては、個人申請が面倒でも業者へ依頼すれば、可否は直ぐにわかります。定期的に保険料を納めているのは、万が一に備えての加入です。
災害や事故に遭い、その修理や賠償を軽くするために損保は存在しています。火災保険を上手に活用し、次の災害に備えておくことが大切です。
また信頼できる専門業者相談しサポートしてもらうと心強いと思います。業者に破損状況を確認してもらい、申請後適用された保険金を受理してリフォームを行いましょう。これは裏道法ではなく、加入者として当然の権利なのです。

マイベストプロ    http://mbp-saitama.com/proreform/
専門家プロファイル http://profile.ne.jp/pf/mori-proreform/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

屋根外壁塗装を火災保険で7 森 幸夫 - 代表(2015/05/01 07:00)

屋根外壁塗装を火災保険で2-(3) 森 幸夫 - 代表(2015/04/23 08:22)

屋根外壁塗装を火災保険で2-(2) 森 幸夫 - 代表(2015/04/22 08:02)

屋根外壁塗装を火災保険で1-(3) 森 幸夫 - 代表(2015/04/18 11:06)

屋根外壁塗装を火災保険で1-(2) 森 幸夫 - 代表(2015/04/17 13:00)