「食べる事」と健康に付いて ② - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「食べる事」と健康に付いて ②

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回は「内臓の働きが心と性格に及ぼす影響」と「食べ物の好みが内臓の健康に及ぼす影響」という事に付いて、東洋医学で良く言われる「陰陽五行」というものからの、面白いものの観方をご紹介致します♫

(^^♪

 

 

 

★★★ 味覚(五味)★★★

 

★ 肝体質(木性)…  酸味を好む。

酸味を採り過ぎると肝臓や筋を弱める。筋は肝臓が支配している。

 

★ 心体質(火性)…  苦い食品を好む。

苦味を採り過ぎると心臓、血液、骨に害がある。

 

★ 脾体質(土性)… 甘いものを好む。

過食すると脾臓を悪くし、肉に悪影響がある。

 

★ 肺体質(金性)… 辛いものを好む。

辛味に偏ると、肺に悪影響を及ぼす。

 

★ 腎体質(水性)… 塩からいものを好む。

摂り過ぎると、腎臓や二陰(生殖器、排泄器官)に悪影響を及ぼす。

 

 

 

 

★★★ 感情(五志)★★★

 

★ 怒(木性・肝)… 肝臓が病むと気が上昇して怒りっぽくなるか、反対に怒る気力が無くなる。

過剰な怒りは、肝臓を傷める。

 

★ 喜・笑(火性・心)… 有頂天になって大声で笑う事は、気が緩み心臓の力を弱める。

度が過ぎると笑う事も良い事ではない。心を患っている人が一人笑いをしたり、逆に全く笑わなくなるのは、肉体的に心臓と繋がっている為。

 

★ 思・慮(土性・脾)… 物思いにふけり過ぎると気が結し、脾や胃に害を及ぼす。

 

★ 憂・悲(金性・肺)… 憂い・嘆き・悲しみなどの感情が強いと、気が消え肺を弱める。

恋愛感情なども肺・金性が司っており、肺病が色情因縁と言われる所以はそこにある。

 

★ 恐・驚(水性・腎)… 恐れや驚きの感情は、気を乱して腎を痛める。

腎を患うと些細な事で驚き易く、恐怖感を持つ。

 

 

 

以上、「陰陽五行」に付いての基礎知識の中から、ほんの一部を引用させて頂きましたが、

 

どの様な感情であれ、激しい感情の高ぶりは神経症状となって内臓を痛めるので、

健康の為には、いつも感情を穏やかにコントロールすることがとても大切になるという事なのですね~。

 

東洋医学では、内臓のコンディションが性格に影響を与えるという事から「食べる事」と「人生(運命)」とは密接に繋がっていると捉えるのです。

 

そして、やはりここでも健康法というのは、食べ物同様 "程々" という「真ん中を保つ」方法が秘訣であり究極なのだという事に落ち着きます♫

(^^♪

 

東洋医学はこの様に、人体と心の繋がりから「健康」というものを観ているのです♫

…というお話しで・し・た♫

(^^ ♡

 

 

 

 

 

 

私は昔から、西洋的な「食べ物=カロリー」「体=筋肉・体脂肪」の様に、精神的なものや心の事をおざなりにして、パーセンテージの数字ばかりに拘る様な短絡的な見方よりも、

 

「食べ物=体と心の繋がり」から健康と美を考える様な、東洋医学の奥深さに惹かれます♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年