椎間板ヘルニアの現状 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

椎間板ヘルニアの現状

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
腰痛の今
当院に腰痛で来院される方で、自分は椎間板ヘルニアで腰痛持ちであると、訴える方が非常に多いのですが、症状を伺ってみると、ほとんどの方が椎間板ヘルニアとは、関係のない症状を訴えています。

そこで、どうして椎間板ヘルニアと思うかを尋ねてみると、多くが病院でそう診断されているのです。

私は「またか・・」と言う思いで、「どのような検査をされましたか」と尋ねると、ほとんどの方が、レントゲンを撮られた程度。

この話を患者さんから聞くたびに、残念に思うのと同時に少し怒りも覚えます。

それはとても基本的なことなんですが、椎間板はレントゲンでは写らないからです。

そこで、100歩譲って、レントゲンで明らかに椎体と椎体の間に異常な感じが診られたとしても、それと症状が関連しているか、検査をしたか尋ねてみると、そのような検査はまったくされていないのです。

通常、椎間板により神経が圧迫されると圧迫を受けた神経支配に沿って、運動麻痺や感覚鈍麻が起こります。
そのような症状も訴えていない患者さんに対して、レントゲンだけを診て、椎間板ヘルニアと診断されているのです。

これが一般の常識のようになっている現状、患者さんにとっては悲劇だと思うんです。

椎間板ヘルニアと言われたという方、どのような検査をされたか確認してみてください。また、相談も受け付けますので、気軽にコメント書いてください。

次回、椎間板ヘルニアの論文を紹介していきたいと思います。
お楽しみに。

山中英司


治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「腰痛の今」のコラム