屋根外壁塗装を火災保険で1-(1) - 屋根塗装・屋根リフォーム - 専門家プロファイル

森 幸夫
低コスト・リフォーム研究会 
埼玉県
代表

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根外壁塗装を火災保険で1-(1)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 屋根塗装・屋根リフォーム

皆さん、知っていましたか?

屋根外壁のリフォームを考えていらっしゃる方必見ですよ!

火災保険が適用になり費用の負担金なく修繕出来ること‼


本日から下記の内容を分けて、皆様にその情報をお伝えしていきます。


  1. リフォームの負担金を軽減する火災保険適用の対象条件とは?


  1. 火災保険申請は個人で申請可能なのか?専門業者の申請のメリットは?


  1. 火災保険を利用してリフォームすると保険料は高くならないのか?


  1. 火災以外にも適用できる火災保険。プロが教える上手な活用方法とは?


  1. 火災保険が適用かどうか判断して頂きたいのだが、どうしたらいいのか‏


  1. 火災保険を利用したリフォームでのトラブル事例、デメリットの説明について


  1. 住宅に適用!補助・助成金・優遇制度・減税を使ったリフォーム‏



  1. リフォームの負担金を軽減する火災保険適用の対象条件とは?

(1)リフォームに適用するには民間損保の火災保険に加入していること

リフォームで火災保険を適用するには3つの条件が必要になります。
まず一つ目は、民間損保会社の火災保険に加入していることです。共済も含まれているので教職員共済やJA共済の「むてき」「まもり」に加入している場合も適用範囲内となります。保険内容は各企業によって異なりますが、第一に損保保険に入っていなければ、火災保険適用には至りません。

災害ではなく経年劣化(建物年数の経過のみで劣化した、とみられる家屋の状態)では、火災保険の適用条件には残念ながら当てはまりません。しかし屋根などが破損している場合は災害を受けている可能性もありますので、いずれにせよ火災保険に加入している以外の、条件の自己判断は難しいところです。
経年劣化が見受けられても、災害で屋根などに明らかに破損の原因がある場合も含めて、専門業者に相談してみると良いでしょう。

マイベストプロ   http://mbp-saitama.com/proreform/

専門家プロファイル http://profile.ne.jp/pf/mori-proreform/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

屋根外壁塗装を火災保険で7 森 幸夫 - 代表(2015/05/01 07:00)

屋根外壁塗装を火災保険で6 森 幸夫 - 代表(2015/04/30 08:26)

屋根外壁塗装を火災保険で5 森 幸夫 - 代表(2015/04/28 07:47)

屋根外壁塗装を火災保険で4 森 幸夫 - 代表(2015/04/25 07:50)

屋根外壁塗装を火災保険で2-(3) 森 幸夫 - 代表(2015/04/23 08:22)