飲食店訪問紀パート25 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲食店訪問紀パート25

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
販促のプロが行く!飲食店訪問記
最近、宴会や懇親会などを実施することが多く、よく居酒屋の
予約をしています。その際に、といいますか、その後、気づい
たことがありましたので。。。。


ちなみに、皆さん、会社単位で居酒屋に行き、宴会、例えば新年会
や懇親会、送別会、忘年会などを実施したことがあると思いますが、
その後、そのお店から再来店を促す販促アプローチを受けたことが
ありますか?

実は、この販促、意外に実施されていません。自分を消費者に置き
換えた場合でも、去年、予約を入れて宴会した居酒屋から販促的な
アプローチを受けたケースは非常に少ないです。と、いうより
ほとんど無いです。


それはなぜか?


顧客データをしっかりと管理できておらず、再度利用していただけ
るように販促をしようという意識が低いからではないでしょうか?

居酒屋経営では、やはり数字見込みが立てやすい宴会予約をどれだけ
とれるのかで大きく売上が変わってきます。

居酒屋の皆さん、是非、宴会顧客のデータをしっかりと管理し、
販促に役立てていきましょう。


まとめると、

例えば、宴会顧客に対して販促を実施した場合、ここにかかるコストと
想定できる売上高、利益を算出すると凄い結果になると思われる。
新規顧客がなかなかつかめない、と嘆くよりも、まずは目の前の既存顧客
に対してしっかりと販促をすることで売上を上げていくべきである。
そのための有効な手段の一つとして、宴会顧客に対する販促が挙げられる
と思われる。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「販促のプロが行く!飲食店訪問記」のコラム

飲食店訪問記パート36(2009/04/11 09:04)

飲食店訪問記パート35(2009/03/29 06:03)

飲食店訪問記パート34(2009/02/17 12:02)

飲食店訪問記パート33(2009/01/13 08:01)

飲食店訪問記パート32(2008/12/27 15:12)