プレゼンで滑舌を良く、というけれど具体的には? - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンで滑舌を良く、というけれど具体的には?

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション

プレゼンやスピーチなど、
人前で話をする時のアドバイスとして、
「滑舌よく話しましょう」というのがあります。

よく聞きますよね、滑舌。
しかし、滑舌よくプレゼンしましょう、
といわれても抽象的で、理解しづらいと思います。

んー、ハキハキ話す?

ハキハキといっても、そのハキハキがまた抽象的で
具体的にどうすればいいのか、わかりづらいですよね。

多少、声を大きく話せばいいのかな?

確かに、声は多少大きく話した方が
聞きやすいのは間違いありませんが、
滑舌というのは声の大きさではありません。

では、具体的にどうしたらいいのでしょうか?

そのためは簡単です。


■口を大きく開ける


え?これだけ?と思われるかもしれませんが
はい、これだけです。
これだけで、かなり滑舌がよくなります。

例えば、マイクでプレゼンをしている時など、
自分の声が聞き取りづらいな、と感じたら
口を大きく開けると、それだけで聞きやすくなります。

ただ、この滑舌をよくするテクニックは、
簡単な割に実践が難しいのです。

というのも、やること自体は簡単ですが、
普段やっていないことをやる、というのは
難しいものです。

特に、口を大きく開けて話すというのは、
やり慣れていない最初のうち、
ちょっと気恥ずかしさを感じるかもしれません。

そこで、人前に出る前に、
これ以上は開けられない
というぐらい口を大きく開いてみてください。

誰にも見られない場所で、
これ以上は開かないというぐらい口を大きく開けて
あーいーうーえーおー、と心の中で呟きましょう。

これで、実際に話す時、普段話しているよりも
ずいぶん口が大きく広がって、滑舌がよくなります。

あなたもこれで、滑舌のいいプレゼンをしてくださいね。


引用元

プレゼンで滑舌を良く、というけれど具体的には?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社オリファイ 代表取締役社長

プレゼンマスター

「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念の元、あなたの素晴らしさ【伝える】ための、プレゼンテーションやインターネットを中心としたマーケティングに関するサービスを提供いたします

カテゴリ 「プレゼンテーション」のコラム