アニメーションでの注意点!パワーポイントに気を付けよう - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
北島侑果
(司会者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アニメーションでの注意点!パワーポイントに気を付けよう

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
パワーポイント

プレゼンの資料をパワーポイントで作成する際に
アニメーションを設定する場合がありますよね。

確かに効果的に設定された
アニメーションは印象的で
見る人の心を打ちます。

しかしながら、ヘタに設定してしまうと
プレゼンをしている途中に思いもよらぬ動きで
しどろもどろに。

よかれとおもって設定したアニメーションに
プレゼンが邪魔されては本末転倒ですよね。

それでは、どのように設定するといいのでしょうか?


それは

■自分用のプレゼンはクリック毎のアニメーション
多くの人が利用する資料ではページ毎のアニメーション

がオススメです。


「クリック毎」「ページ毎」のアニメーションといっても
ピンとこないと思うので説明しますよね。

クリック毎のアニメーションとは、
クリックするタイミングで
アニメーションが動き出す設定です。
これはわかりやすいですよね、一般的です。

ページ毎のアニメーションとは、
ページを切り替えたタイミングで
そのページに設定してあるアニメーションが
全て動き、動き終わる設定です。


つまり、クリック毎のアニメーション設定は
プレゼンする際に、次に何がどう動くかを
しっかりと理解している必要があります。

ですから、かなり練習が必要です。
自分がプレゼンする、ここぞ!という資料での
設定にうってつけですね。


一方ページ毎のアニメーション設定であれば
ページが変わるタイミングで全てのアニメーションが
実行されますから、ページをめくったあと
少し待ってさえすれば動きがおさまります。

ですから、練習不足であっても何とか形になります。
多くの人が利用する資料では、この設定が安全です。


あなたもプレゼンでパワーポイントの
アニメーションを設定する際には
クリック毎とページ毎のアニメーションを
使い分けてくださいね。


引用元

アニメーションでの注意点!パワーポイントに気を付けよう

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社オリファイ 代表取締役社長

プレゼンマスター

「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念の元、あなたの素晴らしさ【伝える】ための、プレゼンテーションやインターネットを中心としたマーケティングに関するサービスを提供いたします

カテゴリ 「パワーポイント」のコラム