20代『朝はパンよりご飯』 - 家計簿の付け方・活用 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

20代『朝はパンよりご飯』

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計簿の付け方・活用

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、

渡辺です。

 

少し前の記事になってしまいますが日本経済新聞の記事によると、

20代の朝食はパンよりもコメのご飯。

全国農業協同組合中央会(JA全中)が実施した朝食に関する調査で、

ご飯をよく食べると答えた割合が20代では半分を超え、

パンを大きく上回った。

ご飯の方が『腹持ちが良い』などが評価されたようだ。

 

調査対象は20代から60代。

最もよく食べている朝食の主食は、全体ではパンが49.8%とトップで、

ご飯が38.7%、ヨーグルトが4.4%と続いた。

 

年代別でみると、20代はご飯が50.6%とパンの34.5%に差をつけた。

30代以上ではいずれもパンと回答した人が多く、

60代では6割り近くを占めた。

男女別では、男性ではご飯が上回ったが、女性はパンの方が多かった。

 

パンをよく食べる理由では、複数回答で91.5%が『手軽に食べられるから』を選んだ。

ご飯は62.2%が『腹持ちが良いから』と答えた。

ご飯を選んだ人のうち64.3%は栄養バランスが良いと思うと回答し、

45.3%のパンを引き離した。

 

皆さんは朝食のときにどちらを食べますか?

私は普段朝食は青汁、トマトジュース、それから暖めた牛乳にコーヒーを入れて飲むだけですが、

朝食付きでホテルに泊まるときはご飯を選びます。

パンの原料となる小麦粉の値上がりに合わせてパンも大分値上がりしていますし、

家計のことを考えるとご飯の方が良いかもしれませんね。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 毎月赤字で貯金が出来ない方の家計診断(家計診断書&提案書付)

過剰な支出がひと目で分かる家計診断を行いますので、今月からすぐに貯蓄ができるようになります。

料金
5,000円

年間をとおして50組以上のご家庭の家計診断を行っているファイナンシャル・プランナーが、
家計診断を行いあなたの過剰な家計支出を分かり易くアドバイスしますので、
ご相談いただいた月からすぐに貯蓄ができるようになります。

毎月赤字で貯金が出来ない方の家計診断(家計診断書&提案書付)

このコラムに類似したコラム

教育への支出 最下位脱せず 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/12/17 10:53)

『収入に満足』45% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/11 10:33)

世帯貯蓄 最高の1800万円 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/11 15:23)

犬13.2歳 猫11.9歳 平均寿命最高に 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/10/17 10:41)

『収入に満足』48% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/06 11:00)