女性の生き方美学 - コラム - 専門家プロファイル

飯田 祥子
エレガントスタイル 代表
東京都
マナースタイリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

女性の生き方美学

- good

女性のキャリアライフやライフワークは重要なテーマ。

今日は、20代の女性へ 「女性の生き方美学」について、

実体験をもとに、本当に役立つ情報満載でお話してきました。



ライフイベントで環境が変わる中、重要な選択が沢山おこります。

多くの女性をみてきた経験と、私自身の体験で想うこと。



それは、


20代で 「色んなことを経験して、挑戦してほしい。」

30代は 「本当に自分がやりたい仕事ができる時期」 だと思うのです。

ここで、やりきってほしい

やりきらないと40代でシフトチェンジが難しいように感じます。

 


~*~*~*~*~*~*

30代は個人の能力を最大限に発揮して、仕事ができるチャンス!!


裏を返せば、30代で自分がやりたいことをとことんやり切らないと、


40代になった時に 「これからは●●のために働くのだ」 と進むことができません。


40代は自分のためから、誰かのためへのシフトチェンジ

仕事の在り方が、「自分」 から 「継承」へ変化するからです。


~*~*~*~*~*

今思うと、私は30代で、

仕事に没頭する時間を持てたのは、本当に良かったと感じています。

 

30代で覚悟ができれば、

あとは自分が選択した人生に思い切り注力できます。


~*~*~*~*~* 

40代の “今の自分” が一番楽しい!

10年前の私よりも、昨年の私よりも、昨日の私よりも…

今、この瞬間の自分がベストだと思っています。

 


「何が大切で、何を持っていたいのか」を考える時は、

きっと誰にでもやってくると思います。

 

慌てない・焦らない 「自分の生き方美学」 を持てるといいですね。


エレガントスタイル代表 飯田祥子 でした。


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

真実で生きる 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2015/01/05 18:45)

女性のためのボスマネジメント講座大好評♪ 藤崎 葉子 - キャリアカウンセラー(2012/10/26 09:41)

放送大学で平成28年10月学びをスタートした人たち 笹木 正明 - キャリアカウンセラー(2016/09/14 11:11)

スニーカーなんて嫌い!な女性の気持ち 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/03/24 10:00)

「ゆっくり女性」マイペースなくびれづくり 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/02/24 15:00)