「スイッチオフ」のタイミングが早い気がする新人さんたち - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「スイッチオフ」のタイミングが早い気がする新人さんたち

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 今はちょうど新人研修真っ盛りの頃だと思います。私もいくつかの会社でお手伝いをさせて頂いています。

 私は基本的に、新入社員を含む最近の若手社員は、素直で能力が高い人たちだと思っていますが、その一方で「ゆとり世代は・・・」との言い方に代表されるような、批判的な話も耳にします。

 

 ある会社にうかがった際も、ご担当の方からさっそく、「今年の新人に態度のよろしくない者がいる」とのお話がありました。何でも、研修初日から何の躊躇もなく思いっきり居眠りしていたとか、先輩との雑談でタメ口をきいていたとか、おおむね礼儀に関わることが多いようです。他の会社で聞くのも、だいたいがこのたぐいのことです。

 

 礼儀に関する捉え方は、会社による差も大きいところですが、新人の礼儀については、私自身もいろいろ感じることがあります。

 

 例えば、研修後にアンケートを書いてもらう事がありますが、それを回収する時、ソッポを向いたまま片手で渡す人がいたかと思えば、立ち上がってお礼の言葉とともに、両手で紙の向きを変えて渡してくれる人もいます。そこまでしなければならない決まりは全くありませんが、気分が良いのは当然後者の方です。

 

 こういうことを“その人次第”とスルーしてしまうと、できない人はずっとできないままになってしまうので、最近は「あの人みたいにした方が相手の印象が良いよ」などと、できるだけ声をかけるようにしています。そうすると意外に素直に受け入れて、同じように行動するようになります。気づいて意識することができさえすれば、やる気はあるのです。

 

 ただ、そうやって注意される人は、ほとんど同じようなシチュエーションなのに、何かがちょっと変わっただけで、やっぱりできなくなってしまいます。前段のアンケートの話でいえば、渡す相手が社外講師ではなく社内の先輩に変わった、アンケートでなく事務書類に変わったなどということで、また元に戻ってしまいます。

 

 こればかりは根気よく言いつづけるしかないのでしょうが、そうなる理由として感じることの一つに、「スイッチオフ」のタイミングの早さがあります。

 気を張って周りの様子を見たり、空気を呼んだり、自分で意識しているうちであればそれなりにできるものの、一区切りつくとすぐに安心してしまうのか、“気を抜くタイミング”が早いように感じます。そのせいで、結果的に「気が利かない」などと言われてしまっている気がします。

 

 他にも、採用面接で非常に応対が良かった学生が、その後会社の近くで偶然見かけたら、友人に携帯電話で自社の悪口を言っていたなどとということがありました。

 本来ならば油断大敵な場所であるはずなのに、そこまで意識が及ばずさっさと気を抜いてしまったということですが、「スイッチオフ」の早さという点では、同じようなことを感じます。

 

 最近の新人は、よく「淡白であきらめが早い」などと言われますが、もしかすると、この「スイッチオフ」の早さとも通じているのかもしれません。

 

 「意識すればできる」という段階では、まだ習慣化はされていないということなので、その後も根気よく指導することが必要です。そのためには、簡単に「スイッチオフ」をされないように、刺激を与え続ける工夫も必要なのかもしれません。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

「余裕」と「ムダ」の境目(2016/09/13 08:09)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

新人研修で感じる電話応対の苦手意識 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/07/22 08:00)

経験してみれば意外に・・・ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/04/22 08:00)

新入社員のマニュアル主義 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/04/08 08:00)

う~ん・・難しい~~気配り! 竹内 和美 - 研修講師(2013/03/28 18:24)

新人を迎える側の指導法ワンポイント/どんなシーンも学びの場に 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/03/13 11:39)