縦長と横長スリット窓で防犯とデザインを両立 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

縦長と横長スリット窓で防犯とデザインを両立

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
空を感じる家
1階にある主寝室です。

1階の為、防犯を第一に考え、意匠も考慮に入れて、窓の計画を行ないました。

窓が壊されても、人が侵入出来ない幅の、縦長と横長のスリット窓を採用。

建築基準法の採光を確保できる、ギリギリの窓の大きさです。

写真では、照明が点いている為、わかりにくいのですが、一見、これだけの窓だけでは、暗いのではと思われますが、全くの誤解です。日中は、照明が必要ない程明るい。

明るく、至って開放的ではない主寝室は、ゆっくりくつろげる空間となりました。