ダイエットに一番効果的な "意識" - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエットに一番効果的な "意識"

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

皆様はご自分を「太り易い体質」だと思っていらっしゃいますか?

(^^;

 

そう思っていると、宇宙は「自分が信じている通りの事=太り易い体質」というものを真っ正直に与えてくれるというのをご存知ですか?

(※宇宙には人間の様な "情" や "憶測" がないので、非常にシンプルでストレートに私達の "信じているもの" を各自に与えてくれます)

 

 

その様に、自分で自分に知らず知らずに暗示をかけていて、それがダイエットを阻む要因になっているという事があるのです。

《 ゚Д゚》!!

そのくらい、人間の "意識" というものは人間の肉体に大きな影響を与えます。

 

 

ですのでそれを逆手に取り「自分は何を食べても太らない体質だ!」と、もしご自分が自身に対して "信じ切れたら (※ここ重要ポイントです)" 太らなくなるという事も有り得ます。

 

何故私がそう言い切れるのかと申しますと、それは若い時に自分でそれを実際に実践経験し、それから全く太らなくなったからです。

(^^♪

 

 

それは自分が現役を引退しあまり運動をしなくなった時に、「もしかしたら自分はこれから太るんじゃないか?」と思ってしまった時期もそうでした。

(^^;

 

それまで私は「毎日欠かさず、バレエのレッスンで一日が始まる」という様な生活が当たり前の人生を歩んで来たので、それを止めるというのは人生で初めての経験でしたから (※当時は職業柄、体を酷使し過ぎた事による腰の痛みがありましたので、可動域の激しいバレエのレッスンは引退と共に止めました)、

 

そのガラリと環境の変わった当時は、「レッスンをしなくなったら太るのではないか?」という不安を持ってしまったのですが、やはりその時期には自分の中では変動が激しくなりましたし、

 

その時にその心理効果を思い出して、現在は自分に対して「私は運動しなくても太らない」と自分で安心し切れたら、逆にいつもと変わらず普通に食べているにも関わらず、何故か体重が勝手に減るという様な事もたまに起きたりするのですから不思議でしょう? (笑)

 

その「自分が自分に持つイメージ力」から生まれる心の作用が、いかに肉体へ与える影響が大きいかというのは、結構侮れないものなのですよ~、皆様!(笑)

(^^♪

 

 

特に若い当時、私がいつも食べる度に「太るんじゃないか!? 」とか「太りたくない!」と気にして怖がっていた時は、自分の中では変動が激しく「太り易く、むくみ易かった」し、

 

或る時から「私は何を食べても太らない」「食べても、私は全てエネルギーとして消費してしまう」というイメージを自分に持ち、太る恐怖心から来る緊張感を捨てた途端に、本当に身体がその通りに太らなくなったのです♫ (※日々多少の変動は有っても、数日~1週間すれば必ず元に戻ります)

( ^^) ♡

 

つまりその様に「自分で自分を洗脳する」という事に成功(!?)してから、「食べる=太る」というイメージを持たなくなったので、心が安らぎ太らなくなったのだろうと自分では感じているのです♫

(^^✿

 

 

皆様は「プラシーボ効果」というのをご存知ですか?

(^^♪

 

これは特に医学界では有名で、長年の数々の実験でも証明されている「人間の心理的要因が身体に影響を及ぼす不思議」というものまざまざと見せてくれるものですが、

 

今回のお話しは、この「プラシーボ効果」を活用し、「自分で自分に良いイメージの暗示をかけるという事をダイエットにも活用致しましょう♫」という事と同じであると言っても良いでしょう♫

《 ゚Д゚》☆彡

 

 

あともう一つ。

 

「肉体」ばかりに目を向けて「筋トレ依存症」や「運動依存症」「食事制限」に取り憑かれてしまい、それが逆にストレスになってしまわれている方達の為に、

その呪縛からあなた様を解き放つ為のダイエットには欠かせない、違う視野からのものの観方をお伝え致します。

(^^♪

 

 

例えば、私が痩せる時にはこういうものがあります。

それは何か創造的なものに頭をフル回転させ、脳を活性化させた時です。

《 ゚Д゚》!!

 

ここでコラムを凄い集中力で書かせて頂いたりした時なども、物凄く体重が減っているという事が良くあります。

そういう時はずっとパソコンに向かっているので全くの運動不足な訳ですが、何故かいつもと同じに良く食べているのにどんどん痩せたりするのですね。

( ・・) ~~~ ???

 

これは「創造的な事に頭を使う時に、どれだけ脳がエネルギーを使っているのか」という証明なのだと思います。

《 ゚Д゚》☆彡

ちなみに"創造的" というのは「自ら生み出す」という作業を行う行為の事です。

《 ゚Д゚》☆彡☆彡☆彡

 

 

ですので「義務でやるもの」「仕方なくやるもの」「嫌々やるもの」の様な時では、それほど脳のエネルギーを使う事は無く、むしろその様な意識でされている時はストレスを感じて、その心の強張りから「太り易い体質」を自ら作っているのではないかと私は思います。

(^^;

 

「筋トレをしなければ絶対痩せない」「炭水化物は太る」などのイメージを持っていれば、宇宙はそういう「あなたが信じたものを、その通りに与えてくれる」ものですが、(※ちなみにこれらは私には全く当てはまりません)

 

それを逆から見れば「〇〇をしなければ絶対痩せられない」と言う様な、"それしかない依存症" を生んでいる事にも繋がり兼ねません。

 

何かに依存するというのは、逆から観ればそういう「それ無しでは不可能」という強迫観念を自ら植え付けている事にもなり、そこから生まれる人生の不自由さというものも有り、それがその人の痩せる事を阻む一番の原因になっていたりするケースもあるのですね。 

 

人間は心が健康であれば呼吸が整い、気持ちが活性化していれば自然に丹田(身体の中心とされる部分)に意識が集中するので、

 

不思議にインナーマッスルも衰える事は無く、別に毎日筋トレをして外から筋肉を付けなくても何ら問題は無いという感覚を根底には持っているものではないかと思います。(※人間というのは、肉体のみに在らず)

(^^♪

 

その様な「自分が必要と思った事を、したい時にする」という自分の感覚に従うスタイルが私のダイエット法であり、勿論そこには多少の努力というものも当然有るには有るのですが、

 

でもその自由なスタイルのお陰で、自主的に行う「自分の食べる物は自分で選び調理する」という楽しい自炊生活や「自分が必要と思った時にするストレッチやウォーキング」などが生活習慣として続けられるのであり、

 

それはいずれも「こうせねば」ではない、「自分がこうしたい」という自発的な自分の選択から生まれる「こう在りたい自分」への自由な努力なので気持ちがとても充実しますし (※ここでも自分に対するイメージ力が働いています)、

 

又それが「結構ちゃんとできている私♫」という快感を生むので、益々余分なものが心にも身体にも付かない体質にさせている様な気が致します♫

(^^♪

 

その様に「ダイエット」に対してストレスを持たなくなれば、人生に対しての視野も広がります。

自分に対しての選択の幅や創造の幅を広げられた分、人間は自由を得られます。

 

 

そうして、初めて人は何気ない日常にも感謝できる「心のゆとり」が持てるものなのだと私は思いますし、実はそういう心理状態が、ダイエットに一番の効力を発揮するものではないかと私は思うのです。

( ^^) ♡ ♡ ♡

 

 

そしてこれは、ダイエットに限らず言える事だと思いますが、

 

 

どの様なものでもストレスの少ないライフ・スタイルというのは、

基本的に「程良いバランス感覚」を持てる様になる事であり、心にがんじがらめの不自由さを生まない意識の事だと私は感じております。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 

空模様が綺麗だと、建物の存在が又更に芸術的な効果を生み出す感じが致しますねぇ♫

(^^✿✿✿

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年