首都圏の地盤 - 生涯学習 - 専門家プロファイル

中舎 重之
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

閲覧数順 2017年04月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

      首都圏の地盤

    首都の地盤の悪さは、地震活動の激しさと同じように世界有数である。 

国際都市としての東京が、比較をしたがるニューヨークでは、約5億年前に出来た 

岩盤の上に、マンハッタンの超高層ビル群が建てられています。   

  東京の高層ビル群が建つ環状線がある関東平野は約2万年前以降の地盤です。 

地質学的には、とても新しい地盤で、海や川に堆積した砂や泥で形成されています。


    首都:東京の地形を西から俯瞰して見ます。西部は標高2000m級の関東山地、 

200~60mの丘陵地(阿須山、狭山、加住、多摩丘陵)、 

60~20mの武蔵野台地、20m以下の下町低地の四つに大別できます。   

関東山地の話は略します。丘陵地の基盤は、第三紀層(6500~165万年前) 

から成っており、その上を厚いローム層が覆っています。 

武蔵野台地は、洪積世(165~1万年前)のローム層が厚く堆積しており、 

関東大震災においても、被害が少なかった地域です。   

  下町低地は沖積層(1万年前~現在)にあり、過去の地震でも最も大きな被害を 

繰り返し受けて来ました。


    下町低地の話です。

成因は、最終氷期(2万年前)に海面が、現在より120mも低下し、

古利根川、 元荒川の河口は現在の三浦水道附近まで下がっていました。 

早い話が、東京湾が全部干上がって、陸上であった思って下さい。  

  この時に古利根川、元荒川の削った谷の幅は、お茶の水から市川付近迄の様です。 

神田川の削った谷の幅は、水道橋から飯田橋の間であったとの事です。 

石神井川、目黒川、渋谷川、野川などによって樹枝状の谷が造られました。  

  その後、縄文海進(約6000~3000年前)によって海面は上昇して、 

現在の海面より5~6mは高くなりました。 

海は、埼玉県の奥地(川越、幸手、下妻、土浦附近)にまで入り込んで、 

奥東京湾が造られました。  

  その後の弥生海退(約3000年前以降)によって、

海の水が引き現在の海面に なりました。 

そして、陸化した所が沖積平野であり、下町低地なのです。

    徳川家康の江戸幕府の開府が1603年です。

以降、現在に至るまで東京湾を ひたすら埋め立てて、土地を開発し続けてきました。 

東日本大震災の3.11では、千葉県浦安市が液状化により、

都市としての機能を 「喪失」しました。

その面積は市域の四分の三と云われています。 

これが、海を埋め立てた人工による土地の姿です。
  

  液状化を起こした土地は、次の地震でも同じように液状化を起こします。 

液状化を起こす土地には、地盤の淺い所に水が豊富にある事が条件ですので、 

此の条件が変わらない限り、現象は繰り返し起きるのです。

    液状化対策の話です。 

50年前の新潟地震において、鉄筋コンクリート造(RC造)の4階建ての 

県営アパートが横倒しになり有名になりましたが、

倒れる事なく安全を確保した 建物が5棟ありました。

倒れなかった理由は、5棟とも地下室を持っていた事です。 

地下室が液状化現象に有効である事を示しています。  


  古い建物の新潟県庁が、殆ど無被害であった事も知られています。 

耐震設計の先達:内藤多仲先生の設計が当時のRC造の規定を、 

遥かに凌駕して いた事も事実ですが、建物の外壁の外側に、

もう一つの拡がりのある基礎を造って いた事です。

ハカマというか、スカートと云うか適切な表現がありませんが、 

液状化で建物が、倒れないようにしていた事です。 

これも有効だった様です。

  液状化とは別に、此の「沖積平野」には、地震にすこぶる弱い理由があります。 

軟弱地盤の存在です。軟弱地盤については、項目を改めて記述する予定です。 

国土交通省が定めている規準には、軟弱地盤に建設する建物は、

規定の耐力を 1.5倍にして設計するように定めています。 

但し、地方の各自治体では、軟弱地盤を指定していませんので、

規定は有名無実 の状態です。


    最後に、過去の地震で大きな震害を受けた「沖積層の地」を記します。 

・泥炭層をはさむ谷底低地:   

 90年前の関東大震災時では、神田川流域、赤坂溜池。

・旧河川道:  

 関東大震災時では、古利根川と元荒川流域。


2015.3.31  中舎重之  Fax:046-263-9324

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

首都圏の軟弱地盤と木造住宅 中舎 重之 - 建築家(2015/04/01 15:52)

青森県:三内丸山遺跡の話  1 中舎 重之 - 建築家(2014/10/02 11:09)

青森県:三内丸山遺跡の話  3 中舎 重之 - 建築家(2014/10/02 10:43)