プライドとは何か? - コーチング全般 - 専門家プロファイル

黒木 昭洋
コーチ
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プライドとは何か?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
マネジメント・リーダーシップ リーダーの心得

皆さんプライドというとどんなイメージを持ちますか?

少し前の記事になるのですが、企業として良い「プライド」の持ち方をしているなあと感じたのが「コクヨ」です。


コクヨ流中国戦略 模造品企業を味方に 

オフィス家具 高品質を半額に 「敵」活用いとわず 


本日はこの記事を読んで感じたことを紹介させていただきたいと思います。


良いプライドの持ち方とは?

プライドとは何でしょうか?

辞書で引くとこんな文言が出てきます。


「絶対に譲れない誇り」


こんな意味になり、この意味においては異論のある方は少ないと思います。


先ほど紹介した記事にはこんな一節が出てきます。

オフィス家具市場でコクヨのコピー品を作っていた企業と提携し、高い品質の商品を従来の半分の価格で売り出すことに成功した。自社の模造品を作る「敵」でも活用できるなら取り込むことをいとわないコクヨ流の中国市場開拓術に迫る。」


コクヨさんはどこに対してプライドを持っていると思いますか?

私は、「市場において勝つこと」「お客様に良いものを安く届けること」こういったことにプライドを持って動いているのではないかと思います。

つまり「成果を出すためにはどうしたらいいか?」「目的を達成するためにはどうしたらいいか?」これを考え抜き行動するということですね。

大局的にものを見て、成果に対してプライドを持つ、これは良いプライドの持ち方ですね。


反対に良くないプライドの持ち方は小さいことに拘り大局を見ないプライドの持ち方です。

コクヨさんの例で行くと、「うちの製品の品質は良いはず、高くても売れるはず」というプライドの持ち方で、環境の変化(この場合は競合ですね)を受け入れないということです。


翻って皆さん個人個人のプライドの持ち方はいかがでしょうか?

私はこの記事を見て、自分自身のプライドの持ち方を見直す必要があるなと感じています。


・大局的に目的をとらえることができていないのではないか?

・目先の小さな「勝ち」に拘っていないか?

・環境の変化を謙虚に受け入れられているか?


こういったことを見直し「良いプライドの持ち方」これができるようにしていきたいと感じました。


今なら無料で相談が受けられます!

メールを利用しての無料お悩み相談を受付けております。

 ※月間先着で5名様までのサービスとさせて頂きます。

【無料】人間関係のお悩み相談室

【無料】ビジネス上のお悩み相談室


このコラムに類似したコラム

大切にしていることは何か? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/05/18 11:54)

聴いてもらってますか? 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/01/22 23:28)

思いは通じる 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2011/12/23 19:00)

今、何点か 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2015/08/07 18:10)

自分の「提供価値」はなんでしょうか? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/07/11 11:00)