最後は売り抜け - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最後は売り抜け

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はピアノ調律の日です。
アレ、実は厳密な正しさよりも人間的な感覚を重視することも多いそうで。

投資についてお話をしています。
不動産投資は未来予想であり、街が発展すれば美味しい思いができるよね、ということを確認しました。

最終的には購入した物件を売却することも多くあります。
ちょっと俗な言い方をすれば「土地転がし」というやつですね。
昨日も少し書いた「地上げ」なんてのも、どちらかというと最後に土地を高値で売り抜けることを目的とした行為です。

賃貸業以上に、不動産の売却においては街の開発がものをいいます。
また賃貸していた不動産を最後に売却する、というケースもよくあります。
そんな時にも、結局はその物件が「賃貸物件として魅力的か否か?」ということがお値段の決め手となります。

改めて、不動産投資では先読みが大切なのだなぁ…と私の周囲をみていて思わされる日々です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

スタートアップ企業 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/20 07:00)

名も知らぬ会社の株は売れない 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/16 07:00)

街の発展を予測する 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/02 07:00)

不動産でも初期投資という発想は大切 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/01 07:00)

規模が大切 高橋 昌也 - 税理士(2015/03/30 07:00)