「家計の金融資産 最高額更新!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「家計の金融資産 最高額更新!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!   

 

さて、日銀の資金循環統計によれば、2014年10月~12月の家計の金融資産残高が“1694兆円”と、17四半期連続で前年同期末より増加し、過去最高額を更新しました。

総額では、前年比3%の増加となっています。

 

内訳に占める投資商品の保有比率をみると、株式・出資金が3.9%増の162兆円、

投資信託も17.1%と大幅に増加し92兆円まで残高を伸ばしています。

 

とはいえ、その大半は相変わらず現預金が占めています。

対前年比こそ1.9%増ではありますが、残高は890兆円となり、こちらも過去最高額となっています。

 

一方、家計に占める外貨建て資産は46兆2千億円で、全体の2.7%を占め、6年半ぶりの規模となりました。

 

まだまだ預貯金が大半という“日本独特の特徴”はありますが、「分散投資」「外貨保有」を推奨している立場としては、株や投信への投資と外貨資産の保有比率が伸びていることは、良い傾向ではないかと考えています。

 

今後は、投資(保有)する資産の“質”にもこだわりながら、さらに「資産分散」が進んでほしいと思います。

それが将来、これから訪れる未来への“リスクヘッジ”となることでしょう。

 

桜の時期となってきました。穏やかな週末をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「金融資産 ついに1700兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/08/21 16:26)

「ついに100兆円超え!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/06/26 15:32)

日経平均と比較して自身の投資成績を確認 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/07/18 18:04)

「海外証券投資 過去最高へ!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/04/04 15:47)

「家計の金融資産残高5%増に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/09/27 17:04)