肩の痛みにきくエクササイズとは? - ヨガ・ピラティス教室 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肩の痛みにきくエクササイズとは?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ・ピラティス教室
チェアロビクス

みなさま、こんにちは。

今日も張り切ってレッスンを行ってまいりました。

チェアロビクスのクラスが始まる前に、

右肩をすくめると上腕が痛いという方からの報告がありました。

夜寝ててもいたいんだとか。

それはつらい状況です。



約40名のクラスになりますので、

なかなか一人だけに注意を向けるのは難しいのですが、

事前に報告をいただくことで、意識的に注意することができるため、

お話いただくことは、とてもありがたいことです。


原因はすぐにわかりました。

肩の位置が間違っています。

肩の正しい位置って案外わかりにくんです。

自分が思っている以上に下げすぎて低い場合もありますし、高い場合もあるんです。

正しい場所の認識が必要です。


そして、肩のインナーマッスルが機能していないと痛みの原因になることから、

肩のインナーマッスルである棘下筋、棘上筋、肩甲下筋、小円筋を鍛ました。

エクササイズで肩の痛み予防ができるなんて、運動って素晴らしいですね!

苦しむ前にはじめましょう。


レッスンが終わり、帰り際に別の生徒さんから質問がありました。

「先生、ケンバンという病気をしってますか?」

「病気ですか?」

病気の名前としてケンバンといわれたので、一瞬ぴんときませんでした。

なんでもご主人様がケンバンという病気で痛みを抱えているのことでした。

生徒さんたちとお別れし、一息ついたらピンときました。

ケンバンは部位のことで、病気の名まえではないぞ!

今日メインで鍛えた筋肉のことではありませんか。

腱板イコール棘下筋・棘上筋・肩甲下筋・小円筋です。


生徒さんは腱板損傷もしくは腱板断裂と勘違いしていたんですね。

病気ではなく怪我になります。

リハビリの段階になって、今日のエクササイズがいきてきます。

腱板のエクササイズ、肩の痛み予防に効果的です。




















カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

ゴルファー向け腰痛の痛みを緩和するエクササイズその5 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/05/11 13:34)

ゴルファー向け腰痛の痛みを緩和するエクササイズその1 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/04/12 23:52)

忙しいときに硬直した筋肉をほぐす、ひとつの方法 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2015/12/25 22:52)

アマゾンのスポーツ・フィットネスのトップページで椅子トレをご紹介いただきました 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2015/11/17 18:51)

信毎くらしの知恵「エムズライフ」チェアロビクスを掲載していただきました! 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2015/11/04 12:45)