収集した情報を元に、システムの姿を描いていく - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

収集した情報を元に、システムの姿を描いていく

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 こうやって進めよう
RFIによる情報収集を行うことによって、自分たちにとって足りなかった視点が明らかになったり、システムのあるべき姿を考える上で、考慮しておくべきポイントが明確になったりします。

また、情報提供依頼を行い、その結果様々な業者が提示してきた情報内容を見れば、見積もり依頼を出すに値する会社か、自分たちが付き合う先として妥当かどうかという点についても、様々なことが見えてきます。

情報提供依頼に答えようと思えば、依頼者の会社のことを知り、課題をしっかりと把握しなければ、適切な提案、情報提供はできません。

まずはそうした姿勢や能力があるかが明確になります。

そういった点からも、単なる情報収集という意味だけではなく、有効な方法と言えるのです。


さて、戴いた情報提供を元にして、システム化すべき内容と、アナログで対応してもよい内容を明確にしていきます。
システムは、あれもこれも・・と欲張ると、どんどん肥大化し、作るのにコストがかかり、保守にコストがかかり、さらに、ユーザが使いこなせないものになってしまったりします。

したがって、できるだけ、シンプルな作りにすることが得策です。

日常茶飯事な内容はシステム化する。例外はアナログで対応する。
そして、できるだけシンプルな作りにしてしまう。
これが基本です。

ただし、アナログで対応していることが、デジタルで把握できる様にしておいた方が、より良いシステムになります。

そうして、システム化する部分と、アナログで処理する部分の境界を決めていく作業を、「要件定義」と呼びます。

ただし、この時点ではシステム化必須部分と、アナログ対応部分、できればシステム化したいが、コスト見合いでアナログも化 と3つに分類しておいた方が、無難であると言えます。

要件定義が終了すると、第1回の見積もり要求になります。

集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一