情報収集をしてみる - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

情報収集をしてみる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 こうやって進めよう
あるべき姿を、DMM、DFD、フローチャートで表現することができれば、それをITに落としこむことができる様になるとされています。

しかし、実際には、To Be Model として明示された内容のうち、どの程度をIT化するのか、どこまでは人間のアナログとするのか?
例外処理としてどういったことが存在するのか?
画面数や、帳票はどの程度必用なのか?
といったことが見えてこなければ、システムを構築するために必用となる費用は算出できません。

そこで、To Be Model がある程度明確になった時点で、複数のベンダーに対して、情報提供依頼を行います。

自分たちの考えている姿はこういったものである。
これをIT化するにあたって、どういった手法、技術を用いて、どの程度のコスト、期間が必用となるのか、また、より明確化しなくてならない事項とは、どんなことがあるのか?について、情報提供して欲しいと依頼するのです。

こうした情報提供依頼を、RFI (Request for Information) と言います。

今まで作成してきた資料をまとめ、文書で説明資料をつけ、自分たちの実現したいことを文書で提示し、情報提供依頼を行うわけです。

そうすることで、ここから先に行われる作業で、ムダを省くことができ、時間短縮や、予算圧縮に役立ちます。

集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一